ととねみぎ 「ねこきっさ 6巻」 感想

「まんがタイムきらら」の最長寿作品となっていた「ねこきっさ」の最終巻が発売。
「かみさまのいうとおり!」のほうが古い気がしてたけどこっちが先だったのね。
「トリコロ」「ねこきっさ」「かみさま~」が三強だった時代が懐かしい。うーん懐古。

そして帯や後書きに踊る「連載期間八年半」の文字にびっくり。
じゃあ一巻買ったの八年前かよ! HAHAHAHAHAそんなわけないじゃないか!

そんなわけで時の流れに戦慄しつつの最終巻。
ストーリーはクゥの兄が出てきたあたりから迷走してた気がしないでもないけど
今回は前後編も多くしっかりとラストに向けて各種エピソードが展開していった印象。
すっかり忘れかけていたクゥの守銭奴設定が
最後の最後でしっかりと活かされたのは見事。うーん上手い。

ただ同作者の「0からはじめましょう」の時も思ったけど
最終話の「そして○○後~」が唐突すぎる気がするんだよなあ。
特にバビロン編で全く登場しなかったぱくさんのアレにはびっくり。
人生に必要なイベントがごっそり抜け落ちてる感じがする。
カラーページでの過去話やミルクとその飼い主の話など
各キャラのエピソードをしっかりやってくれてただけに
最終話だけがどうにも浮いてる感じがするのがちょっと残念。
ページ数の関係かもしれないけどあと一話はほしかったなあ。

それにしても長期連載だとなかなか気付かないけど
通しで読むとかなり絵柄変わってる気がするなあ。特に頭身とか。
個人的にはドラマCDや小説版が出た2~3巻あたりの絵柄が一番好きな感じ。
しかし当時はあんまり意識しなかったけど声優すごい豪華だねこのドラマCD。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)