OYSTER 「光の大社員 3巻」 感想

社員の中において最も光り輝く大社員を目指す主人公〝輝戸光〟をはじめとする
オモチャ会社「アルクメ」の愉快な面々たちのギャグ四コマ「光の大社員」もとうとう3巻目。
前に「男爵校長High!」の感想を書いた時にも触れたけど
「大社員」は「男爵校長シリーズ」と比べてギャグに特化してるぶん
勢いがあって畳み掛けてくるような面白さがあるなあ。
毎回ラストの伊達の一人暮らしネタなんかはまさに様式美。
正統派なギャグからノリツッコミ、シュールなものまで各種あって
しかもどれもこれも高レベル。いやあ今回も変わらず面白いわ。

ただちょっと残念なのは
前巻までは結構入ってた他作品ネタがほとんど見られなかったところ。
「万人向け」を意識するなら正しい方向性だとは思うんだけど
他作品も追ってる身としてはちょっと物足りなくも感じてしまったり。
まあこのあたりは贅沢な注文なんだろうけど。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)