「ツクールシリーズ素材集 和」かぁ…。

ツクールシリーズ素材集 和
https://tkool.jp/products/material/index.html

どうやらツクールシリーズで使える素材集が出るらしい。
正直ゲーム制作ツールとしての基本機能や拡張性はVXでほぼ完成してるし
次のツクールは一体どうなるんだろうと思ってたけど
なるほどまずはこう来たか、という感じ。
ただ気になるのはその価格設定。

>従来品の『RPGツクールVX』に、価格は据え置きで
>武将や妖怪などの和風素材をプラスしたセットパッケージが登場。

うんうん
>※すでに『RPGツクールVX』をお持ちの方のために、追加素材は
>『ツクールシリーズ素材集 和』として素材のみのパッケージでも販売いたします。

…うn?

…おかしいな、この理屈だと既VXユーザーは無料でダウンロード出来るようになっても
おかしくないような気がするんだけど。

いやいろんな事情があるということはわかりますよ
アペンド版と考えれば納得は出来ますよ
でもやっぱり3000円はちょっと高いと思うんですよ
3000円あったらリボルテック一体買えますよ! ねんどろいどもいいぞ!
SFタイルや巨大キャラチップを
ブログで無料配信してた気概はどこに行っちゃったんだよエンターブレイン!
ちなみにブログ素材は自作品「機神少女(VX版)」でしっかり使わせて頂きました!
ありがとうエンターブレイン!

というわけで何だかよく分かんない文章になってきたけど
自分も含めて
・くやしい…でも買っちゃう!(ビクッビクッ
・既存の素材で何とかしてやる!
のどっちかで悩んでいるVXユーザーはかなりいるんじゃないだろうか。
まあまだ数ヶ月先のことだしその時になったら考えることにしよう。

以下、素材に関する簡単な所感。
-----------------------------------–
公式ページのタイトルタグが
「新たな戦国時代が、キミの手で幕を開ける! ツクールシリーズ素材集 和」
ってなってることもそうなんだけど
和=戦国時代っていう安直なイメージは古代史好きな自分としては
個人的にどうなんだろうと思ったり。
いやもちろん戦国時代も好きなんだけど。

また誰が見ても織田信長や武田信玄、伊達政宗しかイメージ出来ないような
汎用性という意味では疑問がある顔グラが見受けられるのも気になるところ。
別に戦国時代だからって必ず信長出さなきゃならない決まりはないと思うんだよ!
大河ドラマ「毛利元就」は地味だけどけっこう面白かったと思うんだよ!

とまあ偉そうに言ってみたけれど
やっぱり和風タイルセットが丸ごと手に入るのは嬉しいし
漢字一文字の格好良い状態異常アイコン、
高解像度になったことでなかなか新しいのが作りづらい戦闘アニメなども魅力的。
あと個人的にツボに入ったのは虚無僧。
-----------------------------------–

※追記
「ツクールシリーズ素材集 和」を購入しました。
簡単な考察記事はこちら

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

RPGツクール