星和弥 「マジンカイザーSKLヴァーサス 1巻」 感想

ダイナミックOVA最新作「マジンカイザーSKL」の連動企画として
ケータイコミックで連載されてた作品の単行本化。
アニメは地方民でBD/DVD待ちだからストーリーはよく分からないけど
こっちの漫画版は〝外伝〟あるいは〝短編集〟という位置付けでいいんだろうか。

それよりもこの単行本をいきなり本屋で見つけた時のほうがびっくりしたり。
今月発売だったの全然知らなかったわ。
新レーベル〝エモーションコミックス〟の単行本らしいし
「CANAAN」「英雄伝説」など有名作品のコミカライズとかもあるみたいだから
もうちょっとプッシュしてもよかったんじゃないだろうか。
それとも自分が知らなかっただけかな。

で、内容だけどバイオレンス部分がやけに強調されているというか
全体的にマジンガーというよりOVAゲッターに近い雰囲気なんだよなあ。
本作の主人公、海動と真上もゲッターの竜馬と隼人を更に好戦的にしたような感じだし
もちろん嫌いではないんだけど「ダイナミック作品ってこういうんだよねー」
みたいな感じで雰囲気が画一化されてるのがちょっと気になったり。

とは言えジンメンモチーフの人質を取った敵を
勢いに任せて救出して解決してしまうのはこれまでに無いアレンジで
賛否両論あるだろうけど個人的には好きだったり。
OVA真ゲッターでも同種の敵が出てきたけどその時は人質は全員救えなかったし、
同じことやっても仕方ないと思うからこういう大胆な展開はいいなあ。

ただ短編連作の形で進んでいるせいか
「続きがあまり気にならない」というのがちょっと問題かなあ、と。
WEBコミックとして1話ずつ読むのならいいのかもしれないけど
単行本でまとめて読むとちょっと物足りなく感じてしまう。
今回の1巻でもラストに敵の幹部か親玉っぽいのが出てきたけど
特に謎や伏線などを提示した感じではなかったし。
まあアニメと比べてみないと何とも言えない部分もあるし
ケータイコミックという媒体にしては画もかなり描き込まれてて
(個人的には石川賢+津島直人÷2みたいな印象。)
良くも悪くも安定してる一冊…かな、と偉そうに言ってみたり。

ところで「ガンダムUC」もそうだけどOVAの先行劇場版ってやめてほしいなあ。
東京やその他主要都市数カ所でしか上映しない規模だし地方民にはつらいね。

   

コメント (0) | トラックバック (0)