VIPRPG 夏の陣2010 作品感想 その3

VIPRPG夏の陣2010作品を偉そうにレビューするよ!
今日で8月も終わりだけど夏の陣レビューはまだ3回目だよ!
まだまだ夏の暑さは終わりそうもないしゆっくり感想書いていくよ!
どうでもいいけど地方民だから「夏休みは8/31まで」にすごい違和感があるんだよ!


No.15 ファイアーエンブレムもしもの神~体験版~
20108031-1.png
タイトルから分かるようにFEをインスパイアしたツクールXP製のSRPG。
体験版とは言ってもボリュームはあるしストーリーも区切りの良いところまで進む。
元ネタは未プレイだから比較は出来ないけどとにかく戦闘バランスが秀逸。
敵味方共にHPがさほど高くないからさくさく進むし
考え無しに突っ込むとすぐ死ぬけど考えればしっかり勝てる、という理想的な難易度。
〝みんなで戦ってる〟のをこうやって感じられるのはSLGならではだなあ。
ゴメスを壁にして遠距離攻撃おいしいです。
ユニットの向いてる方向が変わると本能的に後ろを取りたくなってしまうから
向きは正面固定でも良かったんじゃないだろうか。
あとFEよりシャイニングフォースのほうが好きです。


No.16 Falconeye
20108031-2.png
ツクール製のゲーム…ではなくツクール200Xのためのピクチャ操作補助ツール。
クリップボード上にイベントデータを出力してツクールに貼り付け、といった操作感から
〝ピクチャ部分に特化したTkoolBridge〟といった印象。
ドラッグするだけで表示可能だからちょっとしたビューアとしても使えるし
やっぱり視覚的に分かるっていうのはありがたいなあ。
意味もなく手持ちのピクチャをぐりぐりと動かしてみたり。
こういう制作支援ソフトってエンドユーザー側としてはどこまでも我儘になれてしまうから
作者様には非常に申し訳ないんだけど
ムービーみたいに実際の動きを確認出来るプレビュー機能が欲しいかも、と言ってみる。


No.19 NightmareBusters -溺月-
20108031-3.png
新人の討夢師〝アリア〟がスリープやバフォメットと共に悪夢<ナイトメア>と戦う中編RPG。
自作戦闘やポイントによる成長、スキルコーディネイトなど多くの独自システムがあり、
特に一定条件で発動する追撃は非常に強力で効果音も合わせて気持ちいい。
とは言え戦闘難易度は追撃の爽快感を感じる余裕もないくらいにシビア。
ほとんどの装備品に耐性と弱点が付加されており、ちょっと装備を間違えると
雑魚戦でも容赦なく吸収されたり無効化されたり反射されたり全滅したりする。
元ネタの一つにアトラスゲーがあるらしいけど
先制攻撃の凶悪さといい殺るか殺られるかの戦闘といい確かにアトラスゲー的なバランス。
ストーリーは予想よりも短く淡々と進んだ気がしたけど
少々の後味の悪さと共に各キャラの〝それから〟を考えさせるEDは
雰囲気が出ていていい感じ。
ランダムエンカウントでしかもエンカウント率がやや高い気がしたから
雪原マップはもうちょっと歩きやすくしても良かったんじゃないだろうか。


No.20 かレン~前編~
20108031-4.png
心の病に冒されたヘレンが自らの過去とアレックスを求めてさまよう見るゲ(前編)。
タイトル画面からは想像出来ないくらいに本筋のストーリーはシリアスだが
全体に漂うのはやはりおかしいと言うかカオスというか変な雰囲気。
玄関でいきなり服が脱げる理由なんかは考えちゃいけないんだろう。
この作者様の作品はいつもキャラが無言で効果音やアニメでの演出が特徴的だけど
今回はキャラが普通に喋ってたからちょっと新鮮な気も。
次回予告だけは「うん、これはひどい」と素直に言わせて貰うことにしよう。


No.21 三馬鹿でもわかる変数講座
20108031-5.png
「スイッチとは何か?」から始まり
最終的に横スクロールアクションの作成まで続く(現時点では途中まで)講座系ゲーム。
実際のツクールの画面をピクチャとして用いていており、
段階的に自作戦闘が出来上がっていくのが非常に分かりやすい。
更に講座内で作った自作戦闘やアクションを実際に動かせるのもいい感じ。
ただ自分のゲームが毎回デフォ戦+デフォメニューでやってるから
「変数=自作戦闘」という前提がちょっと気になったり。
アイテムを管理出来たり文字変数使えたりするのもすごいところだと思うんだよ!


コメント (0) | トラックバック (0)