清水栄一×下口智裕 「ゲッターロボ DEVOLUTION 第33話」 感想

竜馬たちゲッターチームと號たちとの対面、
そして世界破滅の原因として竜馬たちを責める民間人たちの姿が描かれた
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第33話。

というわけで今回のメインは存在しないはずの未来を再現するかのような
メタルビーストの襲撃に訝る弁慶たちとの会話。
このあたりの『號』でのストーリーを前提としたやり取りには
ファンとしてはやっぱりニヤニヤしてしまいますね。

しかしアレですね。本作のムサシが実はベンケイだった、というのは
特にそんな深い意味はなくそういうふうに作られた仮想世界だったから、
くらいの理屈でしかないんでしょうか。
どのゲッター作品にも言えてしまうんですが
竜馬と隼人の二人の関係性が完成されすぎているせいか
武蔵や弁慶はどうにもストーリー的にメインになりきれない感じがします。
目立ったときは死ぬときだ、とまでは言いませんが。

またゲッターチームに石を投げる民間人に対し
「自分の物語の主人公を全うすれば世界は終わらない」と言い放つ竜馬の姿も印象的。
仮想世界の人間だった彼らが自らの意思で実体化したことをなどを考えると
「心を強く持って絶望に屈しなければ世界はそれに応えてくれる」
みたいな意味合いでしょうか。

そして合体を終えた上空のエンペラーがビームを放つ所で次回に続く。
今までは疑似個体を呼び寄せていた創造主がついにエンペラーを動かした、
ということでいよいよ決戦の時が来たみたいですね。
個人的にはもっと敵との戦いを単発エピソードで見たかったというか
『DEVOLUTION』は話に無駄が無さすぎてチームとしての成長や交流を描かずに
話を吹っ飛ばしすぎちゃってる気もするんですね。
「3人のパイロットが揃ってから話をどう転がしていくのか」は
過去のOVAや漫画でも課題となっていたところだと思うんですが
このあたりをじっくりガッツリと描いたゲッター作品もいつか見てみたい気がします。

 

コメント (0) | トラックバック (0)