清水栄一×下口智裕 「ゲッターロボ DEVOLUTION 第31話」 感想

空に浮かぶエンペラーによって世界が混迷する中、竜馬たちが敵の正体を知る
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第31話。

というわけで前回のバトル回から一転して説明回となった今回の『DEVOLUTION』。
メインは何と言っても早乙女博士によって
敵の正体が「創造主=ゲッター線を産み出した種族」であると語られるところ。
いやー「ゲッター線の創造主」とはまた大きく出ましたね。
『サーガ』でも「生命」「全てを司る者」などのワードは出てきていましたが
それがどこから来たのかは語られていなかったので
そこに踏み込んでいくのかー、という気分になりますね。

そして民間人パートでは號、弁慶に続いて凱も登場。
號に「凱ちゃん」と呼ばれて「目上の人間をちゃん付けで呼ぶな」と
偉そうに返すシーンが新鮮ですね。
漫画版『ゲッターロボ號』では號と凱は対等の友人っぽい関係でしたが
よく考えたら號は新参者なので凱のほうが先輩=目上だし
ここらへんの会話は「もしもあのキャラがゲッターに関わっていなかったら?」と
いろんな可能性を見せてくれていて楽しいです。

そして妙にエロい女子高生が號を狙い始めたところで次回に続く。
「ああ別世界でもゲッターからは逃げられない!」といった感じでしょうか。

 

コメント (0) | トラックバック (0)