R・C・ウィルスン 「時間封鎖 下巻」 感想

時間封鎖<スピン>から数十年─宇宙時間の数十億年─が過ぎた地球では、
火星からの来訪者であるワン・ンゴ・ウェンにより新たな局面が迎えられていた。
ジェイスンの計らいにより、ワンの専属医、そして親友となるタイラー。
ワンがもたらした技術を用い、〝仮定体〟との接触を図ろうとするジェイスン。
救いを求め新興宗教に走るが、それがただの幻想に過ぎないことを知るダイアン。
そんなタイラーたちを「スピンに呪縛された世代」と看破するジェイスンの父、E・D。
それぞれの思惑が渦巻く中、時間封鎖<スピン>は唐突に終わりを迎え、
地球は新時代に入ることとなる…。

先週感想を書いた上巻に続く「時間封鎖」の下巻。
上巻に続いて主人公タイラーの一人称で書かれていながら
時間封鎖<スピン>の時代を生きる者たちの群像劇としても楽しめる見事な構成力。
交互に描写されてきた過去と未来が一本の線になるクライマックスは
しんみりと、そして淡々としながらも新しい歴史が始まることを予感させる内容。
さすがにネタバレになるからこれ以上は言えないよ!
ブログの記事としては一週間空いちゃったけど実際は上下巻一気に読んでしまったから
これから上巻読む人は必ず下巻も手元に置いておこう。

というわけでタイラー、ジェイスン、ダイアンの三人の物語としてだけ見れば
本作は見事に完結しているわけだけど
SF小説として見るとまだまだ終わってない部分がまだまだあるんだよなあ。
政治闘争、宗教対立などの地球の混乱はまだまだ続きそうだし
何より時間封鎖<スピン>を起こした超存在〝仮定体〟の目的はいぜんとして謎のまま。
しかも後半では〝仮定体〟を生み出した更に上位の存在
(「幼年期の終り」におけるオーバーロードに対するオーバーマインドを彷彿させるような)
が宇宙の何処かにいるということまで仄めかしている。
本作は続編「無限記憶」そして完結編「Vortex」(邦題未定。2010年8月時点で未発表)
と続く全三部作の第一部だということが明言されているけれど
一体どこまで話が広がっていくのか楽しみで仕方ない。
続きを早く読みたいのは山々だけど尻すぼみになるほうがもっと嫌だから
ゆっくり待とうじっくり待とう。

ところで「時間封鎖」で検索すると
同名の18禁ゲームが同じくらいの割合で出てくるんだけど
確かあっちもSF要素を含んだオチだった気がするよ!

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

SF小説