『3001年終局への旅』の映像化。

リドリー・スコットが「3001年終局への旅」を映像化予定
https://gigazine.net/news/20141104-3001-the-final-odyssey/

2061年「あのっ」

というわけで一足飛んでシリーズ完結編となる
『3001年終局への旅』の映像化が発表されたみたいですね。
個人的にはテレビドラマよりも大スクリーンの映画でやってほしかった気もしますが。

ちなみにSF映画の金字塔として挙げられることの多い『2001年宇宙の旅』ですが
自分は続編『2010年』のほうが好きだったりします。

監督が代わって作風も完全に別モノということで
米ソの冷戦を踏まえたベタベタなエンターテイメントに徹しており
とにかく観ていて面白い+分かりやすく壮大なストーリーになっているのが魅力。

まあダイナミックプロ好きとしては漫画版『ゲッターロボ號』の
「これから一体なにが起こるんだ」
「すばらしいことだよ」
のやりとりの元ネタだというのが一番外せないところなんですが。

……と思ったらダイナミックプロの公式twitterでは
このニュースに触れて『5001年ヤクザウォーズ』の紹介をしていたのだった。
https://twitter.com/mazingo_info/status/529539745311760384
違う! そうじゃない! そっちじゃないんだよ!

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

SF小説