ラスコー展の「ラスコー展ビーフカレー」を食べてみたよ。

先日「世界遺産 ラスコー展」に行ったときに購入したオリジナル商品
「ラスコー展ビーフカレー」(540円)を食べてみました。

 20170713-1.jpg

紙製ながらちょっと高級感があるパッケージがいい感じです。
ずっしりとした重さと濃さがあり
そのためか温め時間が5~7分とやや長め。
このモッタリ感からして炭水化物や脂質が高そうですね。

 20170713-2.jpg

そして一口。……あ、これ美味しいです。
ちょっと甘みが強いけれど後味はスパイシー、
濃いめの味でコクがある日本人好みのカレー、といった感じです。
っていうか300~400円くらいでそこらへんで売っている
「ちょっと高めのレトルトカレー」の味ですねこれ。
ぶっちゃけ良くある味なんですが個人的には好きです。

まあ540円と考えるとちょっと割高な感じはありますが
広告料というか有名税というか展覧会のオリジナル商品なので
そのあたりの価格設定は仕方がないのかなあ、と。
648円じゃなかっただけマシだと思います。

というわけで完食。ごちそうさまでした。
値段はちょっとアレですが普通に自分の好みの味だったので満足満足。

ところでこちらの「ラスコー展ビーフカレー」なんですが
流通が普通の食品とは異なるせいか
成分表がパッケージのどこにも記載されていないんですね。
もちろんアレルギー表示だけはあるんですが
カロリーすら分からないというのはちょっとモヤモヤします。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

カレー, 辛い食べ物