HEROMAN(ヒーローマン) 第18話 セパレーション 感想

ヒューズの計らいにより政府所有の無人島へと招待されたジョーイたち。
先日現れたウィルの存在、そして彼が残した言葉を気にしながらも
一行は海での一時を楽しんでいた。
だがその夜、ジョーイたちのロッジは
無数の触手から成る謎の生命体〝シェイプシフター〟の襲撃を受け、
ヒーローマンは海中へと沈み、ジョーイたちは離れ離れになってしまう……。

まさかの前後編エピソードとなった海編。
あまりにもB級ホラーのテンプレ的な展開で逆にニヤニヤしてしまう。
教授とサイはすぐ死ぬポジションだねこれ。

そして今回の萌えキャラは満場一致でヒーローマンに決定。
火にびっくりしたり体育座りでサイの話聞いてたりとかわいいなあヒーローマンは。
今回アクションほとんど無しにやられちゃったからなおさらそう思ったり。

そして気になるのがジョーイたちを襲った〝シェイプシフター〟の正体。
前回ウィルが言った「スクラッグの遺産」と関わってくる存在なのか、
それとも単なる繋ぎエピソードの全く関係無い敵なのか。
前回からの流れを考えれば当然繋がってくるんだろうけど
「HEROMAN」ってそこらへんを意図的に外そうとする展開が結構あるんだよなあ、
と勘ぐってみたり。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN