フィギュアライズスタンダードの魔人ブウ(純粋)が完成したよー。

現在展開中のドラゴンボールのプラモデル
「フィギュアライズスタンダード」シリーズの最新作である
魔人ブウ(純粋)が完成しました。

 20161116-1.jpg

意思疎通が出来ずキャラとしての魅力に欠けるせいか
「ドラゴンボール」本編の最終ボスとも言える存在なのに
フリーザやセルに比べると立体化が少ない純粋ブウなので
こうしてしっかり出してくれるのは嬉しいですね。

ちなみに同時発売の超サイヤ人3悟空は未購入。
道着の悟空は二人もいらないなあ、でも頭部だけはほしいなあ……
と悩みましたが今のところスルー状態です。

 20161116-2.jpg

というわけでサクッと完成。いやー格好いいですね。
これまでのシリーズ同様の高クオリティなプラモデル。
安定感と安心感があります。
大きさはフリーザや悟飯とほぼ同じでかなり小さめ。

そしてすごいと思ったのがその組みやすさ。
今回の魔人ブウはランナーが5枚
(うち2枚はエフェクトとスタンド)で構成されているんですが
頭部と胴体を組んだ時点で1枚消費、腕まで組むと更に1枚消費、と
ランナー構成に全くムダがないんですね。
地味ですがすごい練られていると感じました。
パーツそのものの少なさも相まって
シリーズの中でもトップクラスに作りやすかったです。

 20161116-3.jpg

ただ一つだけ気になってしまったのがシールの多さ。
基本的には両手首、両足首のリスト部分の色分けを
シールで補っているんですが
そこだけで16枚(各部4枚*4)のシールを貼らなきゃいけないんですね。

逆に言えばそこ以外の色分けは完璧なんですが
「フィギュアライズスタンダード」は毎回シールをほとんど使わないだけに
その比較でシールが多めに思えてしまうなあ、という贅沢な不満です。

 

そして非可動プラモであるフリーザ小型ポッドを挟んだ後の
次回のラインナップは
まさかの超サイヤ人4の悟空とベジータ!

  

いやーこれ本当に嬉しいです。
「超」が放送中の今の時期に「GT」の商品を出してくれる、というのは
それだけで価値がありますね。

「GT」はリアルタイム組なので非常に思い入れがあるのです。
全編に亘っての出し惜しみと嘗めプレイの連続は
イマイチ乗り切れない感じでしたが
・ドラゴンボールを便利アイテム扱いしていたことに落とし前をつけさせた
・ドラゴンボールの物語=悟空の物語をしっかりと終わらせた
という二点に関しては英断であり
シリーズを無秩序に広げている現在では出来ないことだと思うんですよ。

というわけで「GT」にスポットが当たるのは嬉しいんですが
現在放送中の「超」との比較で再評価されているような風潮は
それはそれで何か違うんだよなあ、と思ってたり思ってなかったり。
ああ我ながら面倒くさいファンですね。

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)