清水栄一×下口智裕 「ゲッターロボ DEVOLUTION 第3話」 感想

別冊少年チャンピオンで連載中の最新ゲッター漫画
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第3話。

第1話の竜馬、第2話の隼人に続いて今回は武蔵の登場回。
「世間的には死んだことになっている」という設定を除けば
外見も性格もいつもの武蔵といった印象で
竜馬や隼人ほどの違和感はないキャラ付けだなあ、と。
原作漫画では柔道部の主将という設定はあったものの
部活での描写や家族構成については全く語られていなかったから
今回そのあたりで情に厚い部分を見られたのは嬉しいところ。
家族想い、後輩想いなところが強調されている、というのは
『~號』の剴や『~飛焔』の轟鬼に近いところもあるね。

そしてその代わり(?)に敷島博士が
苦労人の常識人という今までに無いキャラクターとして登場。
どのゲッター作品でもマッドサイエンティストとして
変わらぬ存在感を見せ付けていた敷島博士が常識人枠になるというのは
今回の『DEVOLUTION』が初めてなんじゃないかなあ。

そんなこんなでついに三人のパイロットが出揃い
プロローグが終了といった感じの『DEVOLUTION』。
これから本格的にストーリーが動いていくんだろうし楽しみ楽しみ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)