「サイボーグ009 conclusion GOD’S WAR 第27話」 感想

神々が再び出現し新たなる戦いが幕を開ける
「サイボーグ009完結編」の漫画版第27話が更新。
公式ではまだアナウンスされてないけどAmazonで単行本4巻が予約開始してるね。
最近は月2回更新で1話ごとのページ数も増えてるから出るの早いなあ。
週刊漫画と同じ3ヶ月で1冊のペースなのはすごいわ。

そんなわけで今回は「~神々の製造所~」と題して
小説版のP182~P197、P201~P209、P212~P214あたりのストーリーが展開。
今回は構成や細かい部分(張々湖がダーキニーと遭遇するシーンなど)を変えていたりと
場面ごとの繋がりが小説よりも分かりやすくなっている感じ。
ここ2~3話はまるっきり小説そのままで面白味に欠ける部分があったんだけど
今回は新鮮な部分も多くて素直に面白いわ。

またストーリー的にも「善悪の翼の人との遭遇」や「クロウとの決着」
「敵に回るピュンマ」などなど今回は話が大きく動いて見所が満載。
モニュメントバレーの俯瞰視点で神々の巨大さがしっかりと感じられる構図もいいし
戦闘シーンも一つ一つは短いんだけど
「神々に接触されている間は能力が使えない」という
要所の部分がちゃんと描かれているから
短いページ数でもちゃんとまとまっているところが巧いね。
ラストページの引きも王道の少年漫画っぽくて個人的には好みだわこういうの。

そんなわけで久々に面白かった今回の漫画版完結編。
次回更新は12/17ということでその後の年末進行が気になるところ。
さすがに31日は更新しないで休みかな。

しかしフランソワーズはラストまでずっと目を閉じたままなんだなこれ……。

   

コメント (2) | トラックバック (0)