牛木義隆 「夢喰いメリー 8巻」 感想

帯にあるように4巻からずっと眠り続けていたエンギが満を持して復活、
そしてエルクレスの正体が明らかになり
いよいよ終章開幕といった雰囲気が出てきた「夢喰いメリー」の第8巻。
いやあ相変わらず表紙のメリーさんがかわいいなあもう。
完璧超人な転校生、白儀くん周りの謎を除けばだいたいの伏線も解消された気がするし
彼が最後にジョーカー的な役割を果たしそうな気も。

また今回は双子の夢魔「アハテルノーテ」との戦闘シーンが
ページの半分ほどを占めており、
女性キャラだろうがなんだろうがお構いなしに鼻血やら何やらを流しつつ戦う姿には
ああそうかこれは少年漫画なんだ、燃え漫画なんだ、バトルアクション漫画なんだ、と
妙なところで納得してしまったり。

ところで今回は「幻界との門」に言及した部分が多く見られたけど
この設定ってなんだか「幽☆遊☆白書」の「魔界の扉」を思い出すんだよね。
もしそうなら最終的に門番メリーさんの管理の下に
人間たちと夢魔たちが和解~共存の道を歩んでいくというラストが見えてくるんだけど
果たしてどうなることやら。

そして普段はあんまり店舗特典とか気にしないんだけど
今回はイラストのデザインに惹かれてメロンブックスのペーパーファイルを選択。
クリオネちゃんの病んだ目つきがたまらんねひゃっほい。

 

コメント (0) | トラックバック (0)