久住昌之/水沢悦子 「花のズボラ飯 うんま~いレシピ」 感想

期待の新人水沢悦子先生のデビュー作にして代表作
花のズボラ飯」の公式レシピ本が発売。
レシピ本と言うことでもしかしたら料理本コーナーや主婦の生活コーナーに置かれて
ついにうさくん水沢先生の絵が全国の奥様方の目に…!
…とちょっと期待していたけど普通にコミック新刊コーナーに置かれててがっかり。

とは言え中身は「実はズボラじゃないレシピ~」的なことが前置きに書かれているように
本編のコマを引用しつつ登場したレシピやその応用料理など
(例えば卵かけごはん繋がりで納豆ごはんや味噌ごはんの紹介)
100種を超える料理が全てフルカラー写真付きで載っているという本格派。
計量カップでの細かい分量や調理の時間などもしっかりと書かれており
予想外にいたって真面目なレシピ本という感じ。
いやこれ本当に普通に料理本コーナーに置いてあっても問題ないよ!

逆にあまりにも普通のレシピ本すぎて
ファンアイテムを期待して購入してしまうと物足りなくも感じたり。
書き下ろしコミックとかは高望みしすぎだろうけど
せめてポトケチャミソ鍋の調理法に本編のケチャのコマを載せつつ
「祖先の霊に祈ります」くらい書くような遊び心があってもよかったなあ、と。

どうでもいいけど著者紹介の
水沢悦子:プロフィールは未公表。
がツッコミ待ちにしか思えないのは自分だけだろうか。
そして相変わらずAmazonのタグがみんな空気読まなすぎてて困る。いいそもっとやれ。

それにしても水沢先生の画は魅力的だなあ。
今風の萌え画とはちょっと違う感じだけど広く受け入れられる絵柄だし
電撃大王とかに載っててもおかしくないね!

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)