驚愕買ってきた。

というわけで本日発売の「涼宮ハルヒの驚愕」の上下巻を購入。
アニメのほうは全くの未視聴のままだから
いつの間にかすごい有名作になってて
何とも複雑な気分になったりならなかったりするんだけどまあどうでもいいや。
ところでこの厚さなら一冊にまとめられた気がするのは自分だけだろうか。

四年ぶりの最新巻と言うことだけど
個人的にはそんなに待たされた感じはしないんだよなあ。
これだけの人気作なら出さない理由は無いんだし
立ち消えになる不安が全くないまま当然のように新刊が出てくれたような感じ。

つまり何が言いたいかというと
かれこれ十年たかしげ宙電撃文庫版ゲッターロボの続きを待ってるんだよ自分は!
いや間違いなくレーベルの読者層が違うし
あんまり売れなかったんだろうなあっていうのは分かるけど大好きなんだよあれ!
漫画版をなぞりつつ早くも武蔵や弁慶が登場していたりと
一体どこまでサーガが広がっていくのか楽しみにしてたのに!
それにしても永井泰宇氏の「真・デビルマン」を復刊したりと
あのころの電撃の方向性はいろいろ謎だったなあ。

まあ何はともあれ「涼宮ハルヒの驚愕」。
問題は前後編だしまとめて読もう、と思って購入後そのままにしておいた「分裂」が
部屋のどこにあるか全く分からないというところ。
また発掘作業が始まるんだなあ。うん。

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画