オオカミさんと七人の仲間たち 第07話 感想

第07話「おおかみさん地蔵さんとダブルデートする」

今回の御伽銀行への依頼人は野球部でレギュラーとして活躍する花咲先輩。
何でもここ最近、自分の知らぬ間に身の回りの世話をする〝不法侵入者〟がいるという。
御伽銀行は花咲先輩の自宅に隠しカメラを仕掛け状況を見守るが、
その正体は堅物として知られる地蔵先輩だった。
以前、雨の日に助けられて以来ずっと惹かれ続けていたという地蔵先輩の告白。
花咲先輩はそれを一度は断るが、御伽銀行のプロデュースにより
大神さんと亮士くんを巻き込んだダブルデートを行うことになる。
りんごちゃんの監視の下、二組のデートは大きな事件もなくつつがなく進んでゆくが、
大神さんにアクシデントが発生し事態は思わぬ方向へと向かい始める…。

1クールだとしたら折り返し地点に入ったオオカミさん第7話。
シリーズ構成上、今回の話のキモは
・昔の大神さんを亮士くんに見せる
・羊飼と亮士くんを対峙させる
の二つなんだろうけれど
それ以外の部分がおざなりと言うかかなり適当に済まされてしまってたのがちょっと残念。
花咲先輩と地蔵先輩は二人ともいいキャラだったから
ダブルデート中の二人の様子をもっとじっくり見せてほしかったなあ。
大神さんの記憶喪失→回復もかなり駆け足なイメージだったし
結果的にどっち付かずになってしまうより
二つのエピソードに分割する、あるいは前後編にしたほうが良かったんじゃないだろうか。

とまあ残念な部分もいくつかあったけど
「亮士くんと羊飼の対決」という点で見てみると必須だしなかなかの燃えエピソード。
自らを「嘘吐き」と敢えて言うことで精神的に揺さぶりをかけるところなんかは
亮士くんの表情の変化とかも合わせて非常に演出が上手かったなあ。
今は身体的にも精神的にも敵わない相手である羊飼に
亮士くんが果してどのように立ち向かっていくのか、が今後の焦点になっていくんだろうか。
作品の雰囲気的に決着自体はあっさり流されちゃいそうな気もするけどね!

   

コメント (1) | トラックバック (0)