「ねんどろいど ホロライブプロダクション がうる・ぐら」を購入しました。

先日発売された「ねんどろいど ホロライブプロダクション がうる・ぐら」が届きました。
IMG_20220823_01s-
8/18に公式オンラインショップから発送された二次受注ぶんになります。
初回分はあっという間に予約が終了してしまい二次受注に何とか滑り込んだ形でしたね。
ともあれ無事に届いて何よりです。
IMG_20220823_153514s-
そんなわけで箱はこんな感じ。
3~4年前にねんどろいどのパッケージが小さくなった、とは話に聞いていましたが
確かにコンパクトにまとまっていていい感じですね。
正直最近のフィギュアは値上げの言い訳のように
エフェクトやスタンドが過剰になりすぎている、と思っているので
グッスマのリニューアルねんどろいどやポッパレといったコンパクト化、
簡略化をコンセプトにしたシリーズは応援したいと思っています。
そうそうこういうのでいいんだよ。

いやね、2万円台が普通になりつつある近年のフィギュアは正直おかしいと思うんですよ。
個人的にはボカロブーム初期の傑作と名高いグッスマの1/8初音ミク(2008年発売)や
リボルテックに合わせて3000円という低価格だった海洋堂の綾瀬風香(2007年発売)などが
美少女フィギュアの客層を広げたターニングポイントだと思っているんですが
その頃の相場(6000~7000円)と比べて値段が数倍になってしまっているのは
さすがにちょっとなあ、というのがあるんですよ。
いくら15年前とは言え……ねえ?
IMG_20220824_115239s-
そんなこんなで話がちょっと脱線してしまいましたが
こちらの「ねんどろいど がうる・ぐら」、いやーかわいいですね。
いつの間にやら一大ジャンルとなっていたVtuber界隈は
近年のネット上のコミュニケーションの距離感などに何だか気乗りしないこともあって
実のところ全く分からないんですが
こちらの「がうる・ぐら」もといサメちゃんは
涼しげなサメパーカーのキャラデザが自分的に大ヒットで
キャラクターとして純粋にグッズや立体化がほしいと思っていたんですよ。
動画も観ずに何言ってんだとは自分でも思いますがほんと好き。

付属品も表情をつけるための顔パーツや交換用の手、スタンドなど
必要なものはしっかりと揃っている感じですし
箱が小さいから物足りない、みたいな印象はないですね。
個人的には尻尾がちゃんと動かせるようになっているところがお気に入りです。
尻尾ふりふり可愛いです。
IMG_20220824_160408s-
また頭のフードは着脱可能で
外した時につける髪パーツなども付属しているんですが
自分はサメパーカーのフードを被っている姿に惹かれたので
わざわざフードを外して飾ることはないかと思います。
それを外すなんてとんでもない!
IMG_20220824_114705s-
ところでこういう横でちょっと結んでる髪パーツって何て名前なんですかね。
自分は勝手に「じゃりん子チエのアレ」って呼んでるんですが。
IMG_20220824_114259s-
それと先日購入した「Exploring Lab Nature ホホジロザメ」と
組み合わせてみたんですがすごい似合いますねこれ。

サメのプラモデル「Exploring Lab Nature ホホジロザメ」を作ってみました。
https://tktkgetter.com/blog-entry-1454.html

まるで最初から付属品としてあつらえたような親和性です。
今回のねんどろいどには「友達のブループくん」が付属品でありますが
こっちのホホジロザメくんも混ぜてほしいです。
IMG_20220824_115217s-
あつまれ海の仲間たち。

ところで今回のねんどろいど購入を機に
「がうる・ぐら」のキャラクターについていろいろ調べてみたんですが
「年齢が9000歳以上」やら「アトランティスの末裔」やら
何だかすごい設定があるみたいですね。

アトランティスの末裔……武器はトライデント……。
あ、これは実質アメコミの傲慢王子ネイモア・ザ・サブマリナーですね。
何だかそう考えるとますます好きになってきました。

 

 

コメント (0) | トラックバック (0)