清水栄一×下口智裕 「ゲッターロボ DEVOLUTION 第24話」 感想

世界が崩壊してゆく中、無数の不進化体に対し
たった一人で抵抗する竜馬の戦いが描かれる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第24話。

というわけで「謎解きは前回で全て終わった!」
「あとはこの世界での最後の戦いだけだ!」とばかりに
大暴れする竜馬クン+ゲッターの戦いっぷりが今回の見所。
文字通りに喰われながらも抵抗を続け
ラストでは悪魔的な翼を生やすゲッター1が出現、と
話の流れはどこかで見たことがあるというか
ぶっちゃけてしまうと「あ、これエヴァ劇場版だ!」となってしまうんですが
今回の描写はもう確信犯(誤用)的な感じもしますね。
この流れで思い出すなっていうほうが無理な話です。
本作は連載の初期からエヴァっぽいエヴァっぽいと
結構いろんなレビューサイトで言われ続けていましたが
そうした評価に対する開き直りというか一種の意趣返しなんじゃないでしょうか。

ただ少し引っかかってしまったのが
「仲間や居場所が出来た」と爽やかな笑みを見せる竜馬クンの一コマ。
正直本作の根暗な竜馬クンにここまで言わせるような
交流、友情があったかというと説得力に欠ける感じがするなあ、と。
世界への愛着、友人たちを守りたいという想いをここまで強調するのなら
そのあたりの1話完結的な積み重ねのエピソードがもう少しほしかったところです。
特に武蔵や敷島博士は常識人で親しみやすいキャラだったので
彼らを絡めた日常回がもっと見たかったですね。

そんなこんなでここ数話で一気に急展開を迎えている『DEVOLUTION』。
ちょっと謎解き重視でサクサク進みすぎてる感じはしますが
今回の竜馬クンの決意と戦いっぷりは「主人公」に相応しいものですし
その「世界の主人公」にゲッターがどう応えていくのかが楽しみなところです。
さあ行くぞ! エンペラーの進化はこれからだ!

  

コメント (0) | トラックバック (0)