HEROMAN(ヒーローマン) 第16話 デシジョン 感想

ヒーローマンとMR-1の決着の時は来た。
激しさを増してゆく戦闘の中、戦場は山奥のダムへと移ってゆく。
下流の住民の被害を厭わず、巨大ダムごとヒーローマンを破壊しようとするMR-1。
体が破壊されながらも、身を挺してMR-1の攻撃からダムを守ろうとするヒーローマン。
その両者の姿が報道され、人々がヒーローマンの姿に〝真のヒーロー〟を見出した時、
ヒューズによってフル稼働された発電所の全エネルギーがヒーローマンへと注がれる。

前回の予告を裏切らない全編良作画だった16話。
人々の誤解をどうやって解くんだろう、と思ってたけど
巨大ダムを巡っての分かりやすい対比がされており納得できるいい展開。
今まで何ともなかったのにいきなりエネルギー切れになったり
ヒーローマンってそう言えばハイパー化巨大化できたよなあ、
とかご都合主義的な部分がないわけでもないけど細かいことはいいんだよ!
敵味方共に30分大暴れのアクション回。ごちそうさまでした。
12~16話はまとめて観るとすごく面白そうなんだけど
それが出来ないのが無料配信組の悲しさ。

ヒーローマンがぐるぐると振り回されるとこなんか分かりやすいけど
今回、重量感よりも勢いを重視したマンガ的な画が多くて
「なんかガイナックスっぽいなあ」と思ってたら原画に「吉成曜」の名前が。
なるほどグレンラガンだ。
それを意識した途端MR-1が要塞型ガンメンっぽく見えてきたり。

贅沢を言えばそろそろヒーローマン・ブラスト以外の必殺技も見せてほしいなあ。
第3話から決め技と言ったらずっとこれだったし、もう少しいろいろやってほしい。
OPで見せてくれてる超電磁スピン(仮)とか
貴様には飛び道具はないだろう!→超電磁砲な流れとかちょっと期待してたのに。

ともあれ今回でストーリー的にも一件落着。
センターシティへと戻り家族に迎えられるジョーイ。うん、いい最終回だったね。
…とは行かず次回は謎のダークヒーロー登場+新展開でもうちょっとだけ続くんじゃよ。
2クールの全26話だとすれば次回が終章の開幕になるんだろうか。
どうでもいいけど公式のスタン・リー予告がネタバレすぎて困る。

   

Sponsored Link

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN