星和弥 「ダイノゲッター 第1話」 感想

先日リニューアルしたダイナミック企画の公式サイトにて
星和弥氏による『ダイノゲッター』のWEB漫画の連載が開始。

もともとが玩具先導型の企画ということで
短期連載、宣伝重視のタイアップ的なマンガになるのかなあ、と
正直あんまり期待してなかったんだけどいやあこれが面白い。
ごめん侮ってたよダイノゲッター漫画。
まさかここまで本格的な「ゲッターロボの漫画」をやってくれるとは思わなかったわ。
星和弥氏の作品を読むのは『マジンカイザーSKLヴァーサス』以来だけど
以前より大胆なコマ割などが増えている印象かな。

今回の第1話はまだまだ導入部だし
このペースでじっくり長期連載してほしいところ。
「恐帝国」というネーミングには西川秀明氏の『偽書ゲッター』っぽさも感じるし
『飛焔』や『偽書』のように石川賢氏以外のゲッターとして
しっかりと確立した作品になってくれたらいいなあ。

またゲッターシリーズのファンとして気になってしまうのは
やっぱり今回の主役メカであるダイノゲッターロボ。
ゲッター+恐竜というコンセプトだと
既に『ゲッターロボアーク』のゲッターザウルスがあるけれど
それとは全く違うアプローチがされているのが面白いところ。
初代ゲッターをベースにして鋭角的なアレンジを加えているということで
『新ゲッターロボ』的な雰囲気も感じる顔だなあ、と。

そして文明があまり発達していないような世界観や
人類が亜人に支配されている設定は『天元突破グレンラガン』を思い起こさせるところ。
『ゲッターサーガ』→『グレンラガン』→『ダイノゲッター』の系譜で考えると
これは一種の里帰り……になるのかなあ、みたいなことも思ったり。

そんなわけでタイアップ企画とは思えない本格さが魅力の漫画版ダイノゲッター。
玩具はダイキャストなどを使った高額玩具で二の足を踏んじゃうけど
漫画のほうは毎回楽しみに待つことにしよう。

しかし第2話の公開っていつになるんだろうこれ。
前のサイトもそうだったけどダイナミック企画のHPってほとんど更新されないんだよね。
真マジンガーのくろがね屋サイトとか完全に尻切れだったし。
ワガママを言えばもうちょっとWEB運営に力入れてほしいなあ。うーん。

------5/2追記------
公式HPの続報によると毎月25日更新みたいですね。
次回でゲッター登場、6月発売の玩具に合わせた第3話で大暴れって感じになるのかな。

    

コメント (0) | トラックバック (0)