「サイボーグ009 conclusion GOD’S WAR 第17話」 感想

ジョーを主人公とするエピソード「女神の陰謀」の中編となる
「サイボーグ009完結編」の漫画版第17話が更新。

今回は小説の中巻、P390からP423までの漫画化。
初の3部作エピソードということで細かい描写の追加や
001~008の回想シーンでの登場がないかなあ、とちょっと期待していたんだけど
やっぱり小説版に忠実な展開、といった感じ。
小説ではちゃんと説明されていた「ジョーを助けたイワンが泣いている理由」など
漫画だとどうしても文章で説明出来ない部分もあって
そのあたりはちょっと分かりにくくなっちゃってるかなあ、と。

また「眼球が血の霧となって消失した」のような
小説版のエグい描写も忠実に再現されているんだけど
早瀬マサト氏もシュガー佐藤氏もどちらかと言えば丸っこい絵柄で描いているせいで
なんかこう迫力がないというかしっくり来ない感じ。
激昂する翡巫女の表情や血が噴き上がるシーンなんかは
正直ギャグに片足突っ込んでしまっているんじゃないだろうか。

小説の下巻はどんどんそういう血みどろの雰囲気になっていくわけだけど
今の絵柄でストーリーにノっていけるかがちょっと不安。
やっぱり「神々との闘い編」あたりの細い線+頭身高めの絵柄で読みたかったなあ、と。

そして次回は7/19日更新で009編の後編が掲載。
小説のページ数だと009編は残り4~5Pしかないんだけどどうなるんだろう。
意識加速の描写や戦闘シーンを膨らませるのか、001~008を登場させるのか、
それとも石ノ森パートを入れてくるのか
どういう構成になるのかが気になるところ。

   

コメント (0) | トラックバック (0)