「サイボーグ009 conclusion GOD’S WAR 第14話」 感想

ピュンマを主人公とするエピソード「深海ピラミッド」が収録された
「サイボーグ009完結編」の漫画版第14話が更新。
いまだに2週間ペースに慣れないというかすごい早く感じるなあ。
去年の今ごろはまだ小説版すら完結してなかった状況だったわけだし。

そんなこんなで今回は小説中巻の256Pから315Pまでの部分が掲載。
ピュンマの語り口は淡々としていて分かりやすいから
今回みたいに状況説明や細かい解説が多いストーリーとは相性がいいね。
改造されたピュンマの上半身を大ゴマで見せたり
ドルフィンキックや海中での高速移動など
007編とは違ってサイボーグの能力がしっかり描かれているのも印象的。

ただ元々の小説がそうだから仕方ないんだけど
謎の光に包まれてうわー! 的な展開が35Pの間に2回もあるのはさすがに食傷気味。
深海と海上を行ったり来たりするたらい回しの部分も
ちょっとテンポが悪い感じがするなあ、と。

そして次回は単行本2巻も発売する5/17日の更新。
後半ストーリーの「宇宙を飛び攻撃を仕掛けるピラミッド群」というのは
原作「海底ピラミッド編」にもあった描写だけに
今回の漫画版ではどんな感じに描かれるのかが気になるところ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)