HEROMAN(ヒーローマン) 第08話 コンバット 感想

ついにジョーイたちの前に姿を現したスクラッグ首領ゴゴール。
交渉の余地もなく、更なる異形へと変態し、明確な殺意を持って襲い来る最強の敵。
その圧倒的な戦闘力に対し、
ジョーイは真の意味で「ヒーローマンと共に戦う」ことで立ち向かう。

前後編の後編……だと思ったら中編だった第8話。
ストーリー的には「次回への溜め」的な部分が多くてちょっと物足りない感じ。
特にジョーイ、ウィル、ニックの関係はもうちょっと掘り下げて欲しかったなあ。
前回書いたように作品テーマ的に重要な部分だと思うし。

とは言えアクションメイン回ということで作画は前回を凌ぐほどに良好だし
何度も何度もヒーローマンの攻撃がミスる描写をしてることもあって
最後のヒーローマン・ブラストのカタルシスは鳥肌もの。
ジョーイのスピードがゴゴールと同等以上なのはちょっとやり過ぎとは思うけどね。

そして次回は怒り心頭になったヒーローマンがお顔真っ赤で大暴れ、
ということで一区切りが付くみたいだけど
更なる戦いへの準備は完全に出来てるんだよねこれ。
ドクターミナミらが〝タマ〟を悪用しようと暗躍してるけど
ゴゴールを倒すことはそのまま〝タマ〟の停止に繋がるわけで、
それはヒーローマンたちの存在が公にされてしまうということ。

何はともあれ楽しみなのはゴゴールとの決着。
7~8話と続いている良作画のまましっかりと締めて貰いたいところ。
次回予告見る限り心配は無さそうなので超期待。

   

Sponsored Link

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN