安部真弘 「侵略!イカ娘 12巻」 感想

OVA付の限定版と同時発売となった「侵略!イカ娘」の12巻。
今回は内気な性格から他キャラとの絡みが少なかった
鮎美ちゃんの意外な内面やたけるの先生と渚の関係、
そしてまさかの磯崎主役回「モテなイカ?」「格ゲーしなイカ?」など
今まで中心になることがなかったサブキャラのエピソードを持ってきた印象。
特に「格ゲーしなイカ?」は安部先生らしかぬラブコメ的シチュエーションに加えて
イカ娘が最初の1ページ目にしか登場していないという異質さ。

また今までの「イカ娘」のエピソードは
各キャラのノリや性格なんかで引っ張ってきた話が多かっただけに
「よくすべるキャスター」「色メガネ」なんかの正統派ギャグがちょっと新鮮だったり。

あとがきなんかを見ても分かるけど
ここ2~3巻はいろいろと試行錯誤してる感じもするし
今後もサブキャラが主役となるエピソードが多くなりそうな気がするなあ、と。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画