安部真弘 「侵略!イカ娘 11巻」 感想

アニメ2期があっても変わらずマイペースで
コンスタントに単行本が出てくれる「侵略!イカ娘」の11巻が発売。
今回は九官鳥の話やカカシの話など、10巻に続いて
イカ娘をちょっと脇に置き他のキャラたちが中心になるエピソードが多かった印象。
九官鳥の話には各キャラの魅力を活かした伝言ゲーム的な面白さがあったし
カカシの話は清美と磯崎という今までに無かった組み合わせで笑いを取っていて
このあたりのノリや雰囲気は10巻同様に安定して楽しめるなあ、としみじみ。

ただ逆にイカ娘がたけると一緒にかくれんぼをする話なんかは動きもオチも弱くて
正直イカ娘中心で話を作ってくのはもうネタ切れなのかなあ…と
後書きの「イカ娘だけでは生き残れない~」というコメントに
思わず納得+心配をしてしまったり。

とは言え後書きを読む限りまだまだ続いてくれそうな感じだし
雑誌連載のほうでは鮎美ちゃんの「人と上手く話せない~」が誇張されて
新たなネタが生まれているみたいだし
これからもしばらくはイカ娘以外のキャラが中心になっていくのかなあ、と。

ただやっぱり作品タイトルは「侵略!イカ娘」なわけで
イカ娘の地上での変化や成長も合わせて
そろそろタコ娘(仮)が再登場しそうな気がするのは自分だけだろうか。うーん。

ところでタコ娘回を読み返してみたら地味に絵柄がかなり変わってるねこれ。
タコ娘も再登場したら印象がちょっと違うものになりそうな感じ。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画