あずまきよひこ 「よつばと! 11巻」 感想

単行本が出る間隔が異様に長いので
ついつい忘れかけてしまう「よつばと!」の11巻が発売。

今回はよつばが買ってもらったカメラを持って一人で出掛けたり
うどん屋に行く時に電話番号が書かれている名刺を持っていたりと
ある程度とーちゃんも「よつばの外出」を容認するようになっているんだなあ、
というのが印象に残った感じ。
風香やしまうーと栗拾いに行く話なんかは
以前だったら絶対にとーちゃんが一緒について行っていただろうし。

また前巻の仁王様話を踏まえての
「悪いことをしても嘘をついてはいけない」なんかのセリフが出てくるのも嬉しいところ。
「よつばと!」は毎回毎回きちんとよつばの成長や
時間がちゃんと流れているところを感じさせてくれるよなあ、としみじみ。
夏が終わったらそのまま終了するんじゃないか? と思ってた頃が懐かしいね!

というわけで今回もいつもと変わらぬ雰囲気の「よつばと!」だけど
ある意味一番の衝撃だったのが
ピザを食べたことをジャンボに伝える時の
「すごいうまかった! うまあじ!」といううまみちゃんのセリフだったり。
うまみ派は絶対に許されないんやな…悲劇やな…。

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画