第2次Zクリア。

というわけで「第2次スーパーロボット大戦Z 破壊篇」を一週目クリア。
親切でテンポのいい各種システム、原作再現を重視したストーリーや戦闘アニメ、
性能差があまり無く誰を使ってもクリア出来るバランスと
良くも悪くも最近の「スパロボ」という印象。
前作にあった3機1組のフォーメーションが無くなって
ストーリーも前後編の前編ということもありかなり小粒だった感じ。
まあ周回プレイ前提みたいなところもあるし
携帯機ということでこのくらいのボリュームでちょうどいいのかもしれんね。割高だけど。

以下、ネタバレありで細かい感想。

○参戦作品
ダイナミックプロ好きとしてやっぱり参戦作品の中で気になるのは
「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」と「真マジンガー 衝撃!Z編」、
そして中島かずき氏の「天元突破グレンラガン」なんだけど
・ゲッター1~3が合体する石川賢氏の外伝漫画「クレーターバトル」ネタ
・「魔王鬼の挑戦」を彷彿させるゲッターと機械獣バルガスV5の合体分離合戦
・ガミアQと各作品キャラとの生身バトル

なんかが面白かった部分。
あと駆け足ながらもグレンラガンの四天王全員がしっかり出てきたり
紅蓮篇ラストの合体四天王や「ギガドリルブレイク・大グレン団スペシャル」が
しっかりと再現されてるのなんかは嬉しいところ。

ただ「クレーターバトル」をやるなら
ドラマCD「月面十年戦争~戦慄の予感」のネタも欲しかったなあ。
「真(チェンジ!!)」中で竜馬たちがゲッターGに乗る唯一のエピソードだし
今回唐突に真ゲッターに乗せるよりもストーリー的に無理がなかった気がするなあ、と。

そう言えばチェンゲの前日談といえば
「真ゲッターロボ!!異聞」っていう今川氏脚本の漫画があったっけ。
早乙女博士が下駄でゲッター殴ったりゲッターゼロとか出てくるやつ。
あの講談社のスパロボコミックは結局3巻で打ち切りになってしまったんだろうか。

○主人公機
後継機無しで中盤に武器追加のみ。
完全にリアル系デザインなのも個人的にはあんまり好きじゃない感じ。
「3次α」あたりからずっとそうだけど
主人公機が同デザイン系統のマイナーチェンジしかしないっていうのは物足りない部分も。

○部隊の分割
個人的に分岐っていうのは旧第3次や魔装LOEみたいなのを言うんであって
「分岐」と「分割」は全くの別物だと思うんだよなあ。
今回はルートごとに個別に進む部隊の分割が多いせいで
気がついたら仲間が増えてたりイベント終わってたりするのがしばしば。
ずっと日本~地上ルートを行ってたせいか
バジュラとの初戦闘が終盤の「リトルクイーン」で何だかなあな気分に。
ギアスメンバーのおまけのように仲間になったキリコさんはさすがにどうかと思う。
そして無改造Lv20台で強制出撃したソレスタルビーイングの面々が避ける避ける。

○シオニーちゃんかわいい
あの3日寝てないような目つきとかマジたまらんね!
ひっ…!

   

コメント (0) | トラックバック (0)