富野監督の「Gレコはターンエーの500年後」発言について。

「Gレコは∀ガンダムの500年後」という
衝撃の事実がお禿様(敬称)から飛び出したわけですが
実はこれ自分の中では結構納得出来る部分もあったりします。富野信者ですし。

というのも富野監督は10年以上前のインタビューで
・∀ガンダム以降の世界を描く構想はある
・その作品が1stガンダム以前の時間軸に位置するかもしれない
というループ構造的なガンダムワールドに既に言及しているんですね。

 srm-tomino.jpg

「スーパーロボットマガジン vol.8」 (2002/10/19発行) 富野監督インタビューより

富野監督が「リング・オブ・ガンダム」というネーミングに
大きなこだわりを持ち続けていることを考えても
全てのガンダムの歴史が輪になっており時系列など存在しない
≒どちらが前でどちらが後かなんてどうでもいい
というのはかなり前から思っていたことなんじゃないかなあ、と。

なのでGレコはターンエーの前でもあり後でもある。
そして1stを含めた全てのガンダムの前の話にもなり得るし後の話にもなり得る。
たぶんそんな感じ。

時が未来に進むと誰が決めたんだ。

   

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画