長谷川裕一 「機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 6巻」 感想

ジャブローでの戦いが終わり新展開となった
「機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト」の単行本6巻が発売。
ついに無印クロスボーンに並ぶ巻数になったか……
しかもまだまだ続きそうな感じだし。

そんな今回はMAビルケナウとの戦闘や「もう一人のマリア」の登場、
更にVガンダム本編の戦い「地球クリーン作戦」への言及がされるなど
これまで以上に「Vガンダムの裏の歴史を描く」という一面が強く出ていた感じ。
特に今まではっきりしていなかった時間軸が「5月末」と明言されたのは印象的なところ。
今後はザンスカールと連邦の休戦協定(時系列的には1~2日後?)も交えて
どんどん状況に振り回されていく様子も描いていくんじゃないかなあ、と。

しかし前回に続いて今回も目立った活躍がないのが主人公フォント君。
「ファントムを一番上手く扱える」「NTではないらしい」などの評価が出てきたけど
戦闘技術や特殊能力を持たずにマニア知識と状況判断力で戦うだけに
ある程度地味になってしまうのは仕方ないのかな。
一方のジャックは恋人を人質に取られたり
元仲間との因縁の対決を予感させたりと主人公街道まっしぐらの大活躍。

そして何と言っても盛り上がったのが終盤でのローズマリー女史(47)の再登場。
やっぱりこのあたりはシリーズ物の強みというか
前作のキャラが出てくると俄然面白くなってくるね。
ブラックロー運送も大企業になってオンモ会長も健在みたいだし何より。

しかしスズキさんは死んじゃったのか……
ガンダムシリーズでキャラが死ぬ時は戦死や処刑という形が多いから
普通に(?)寿命で亡くなってしまったというのは
なんか地味にキツいというか精神的に来るなあ。
否応なしに時間の流れを感じさせられるねこういうのって。

   

コメント (0) | トラックバック (0)