ばらスィー 「苺ましまろ 7巻」 感想

約4年ぶりの新刊となる「苺ましまろ」の7巻が発売。
いつの間にやら1~6巻が押し入れの奥深くまで追いやられてしまっており
部屋の掃除をしながら既刊を久しぶりに発掘。
「かみちゅ!」や「トリコロ(電撃版)」なんかが一緒に出てきて懐かしい気分になったり。
ああそういえば同時期だったっけ。

そんなこんなで久々の苺ましまろ。
さすがに初期と比べると微妙に絵柄も変わっちゃってるけど
シュールなギャグや繰り返しネタによる面白さは今回も健在。
コピー多用で「これでもか」というほど連続で畳み掛けてくる
『episode.61 いいわけ』をはじめとして
不条理な扱いを受けていた笹塚くんのまさかの逆襲劇『episode.64 桃太郎』
1話丸ごと4コマ形式の『episode.65 4コマましまろ』などが展開。
個人的には3巻に出てきたリコちゃんハウスが再登場する
『episode.69 バッタとリコちゃん』がお気に入りだったり。
1コマ抜き出すだけで笑える絵面の面白さは他の追随を許さないねこれ。

ただ5~6巻あたりからネタが固定してしまっているというか
「美羽が話を掻き回して千佳がツッコミをする」という流れが完全に確立して
この2人だけで話が完結しているエピソードが多いのがちょっと気になったり。
伸恵お姉ちゃんの学校話なんかすごい好きだったから
次回はそこらへんを増やしてほしいなあ、と。

それにしても作中のクロスワードを真面目に解こうとした自分がバカだったよ! くそっ!

 

Sponsored Link

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画