セイクリッドセブン 第09話 転石するイシ 感想

「大丈夫…君からもらった力は、消えてない!」

今までの物語でアルマや周囲の人たちがどんなふうに変わったのか、
そしてこれまでとは雰囲気の違う圧倒的な強さのアシとの戦いが描かれた
「セイクリッドセブン」の第9話。

今回は何と言っても4話の感想で書いたような
「皆に受け入れられていじられキャラになっていくアルマ」が観られたのが嬉しいね。
特に廊下を部長と歩いてるところで部活の助っ人を頼まれるシーンなんか
こういうのいいなあ、まさに青春してるなあ、という感じ。
照れ臭そう+微妙にまんざらでもなさそうなアルマの
「何だかなあ…」のセリフもいい味を出してるし。

で、アルマとその周囲の人たちのどっちが変わったのかというと
これはやっぱり両方なんだろうなあ。
皆がアルマの本当の性格に気付いたっていうこともあるけれど
それ以上に「みんなを護るために戦う」なんてセリフも
昔のアルマの口からは絶対に出てこなかっただろうし。

そう考えると本話はエヴァンゲリオンで言う「男の戦い」的なエピソードになるのかな。
中盤を過ぎたあたりでの強敵の出現、主人公が戦う理由を改めて口に出す、
という構成上の位置付けとかがそんな感じだし。

とまあいろいろ書いたけどやっぱり今回一番の見所は
「Gダンガイオー」最終話のプロレス三兄弟を彷彿させるような大爆笑ビジュアル。
デザインしたスタッフ誰だよこれ! 圧倒的なセンスに嫉妬するよ!
だって頭に灯籠のせた細マッチョとデブが空中で究極合体だよ!
それを超級覇王電影弾体当たりで撃墜するんだよ!
これで笑わなきゃどこで笑うんだよ! 大真面目バカアニメの本領発揮だよ!
なにこれすげえ!

そんなわけでもうお腹いっぱいの第9話。いやあ面白かった。
ラストの部長とのシーンが最終回でも全然おかしくないね!
研美の野望とかもうどうでもいいや!

それにしても「丹童子くんは石っぽい~」という部長の評は
石好きの彼女にしてみれば最高の褒め言葉なんじゃないだろうか。うーん。

    

コメント (1) | トラックバック (0)