「DEVILMAN crybaby」 第1話~第2話 感想

漫画『デビルマン』のラストまでを完全映像化、という触れ込みで制作された
湯浅政明監督による全10話のアニメ『DEVILMAN crybaby』が
動画配信サイト「Netflix」にて1/5より一挙配信開始。

人物の影を極力なくした独特のタッチ、サイケデリックな色調、
そして有名バンド、ラッパーを招いての音楽など
ぶっちゃけ前情報からは正直サブカル系に寄りすぎというか
リア充すぎる雰囲気がきつい部分もあったんですが
あの『デビルマン』の待望の完全アニメ化、ということで
観てみないと始まらない、とばかりにNetflixに加入した次第です。
現代にアニメ化するからにはそれなりのアレンジは必要だと思いますし。

そんなわけで感想を何回かに分けて書いていこうと思います。

■■■第1話「おまえが必要なんだ」■■■
というわけでついに始まった『DEVILMAN crybaby』の第1話は
「豪華愛蔵版」の巻頭カラーを彷彿させる天使と悪魔のイメージから始まり
明の合体、デビルマンの誕生までを一気に描く展開。
明が了にいざなわれてサバトに参加、そこでデビルマンになるという
基本的なストーリーラインは同じであるものの
美樹ちゃんが「魔女」と呼ばれ(デビルマンG?)陸上選手となっていたり
ミーコが同級生として重要ポジションに収まっていたり(実写映画版?)
原作では帰宅部だった明も陸上部に所属していたりと
細かいところでいろいろな関連作を意識させる設定の変更がなされており
全体の印象はかなり異なっている感じ。

ただ了の父親が登場せずオリキャラのフィキラ教授になっているのは
明と了の当事者としての決意、覚悟が薄れてしまっているという点で
不満なアレンジであるところ。
テンポの速さもあってどうにも悪魔による人類存亡の危機、
悪魔に支配されずにデビルマンになる理由、などなどの部分が視聴者に伝わりにくく
「悪魔見たさにサバトに参加したら偶然デビルマンになれたでござる」
的な話になってしまっているんですね。
単行本1冊分のボリュームを1話に収めるのは無理がありますし
2話かけてでもいいからここまでの話はじっくり描いて欲しかったなあ、と。

とはいえサイケデリックなサバトシーンの狂気は原作さながらですし
明の「泣き虫」という部分を単なる気の弱さではなく
「他者に共感し、見知らぬ人の死に泣くことが出来る」とした部分は
「crybaby」というタイトルからして今後の伏線になっていきそうな雰囲気で
こちらも非常に気になるところ。

そんなわけで明と了の覚悟、決意が描かれなったのは残念だったものの
独特の作風に慣れてしまえばあとはジェットコースター的な物語を楽しめる
『DEVILMAN crybaby』。第1話としてのつかみはOK、的な感じです。

あ、それと「コップでもかじりやがれガキ~~!」のシーンが
カットされてしまったのはちょっと残念でした。
あのシーン大好きなんですよ。痛さがダイレクトに伝わってくる感じで。

■■■第2話「片手で十分だ」■■■
悪魔の力を手に入れた明の変化と戸惑い、
そして人間社会に潜むデーモンを狩り出す、という決意が描かれた第2回。

というわけで第2話は明の学校生活や牧村家での生活にスポットを当てて
オリジナル要素の強いストーリーが展開。
第1話での合体が突発的、偶然による印象が強かったために
ここでワンクッション置いて
今後の指針をはっきりさせる必要が出てきた感じですね。
サブタイトルにもなっている「片手で十分」の後に
自分の力に戸惑うシーンが入るのは
明の決意がまだ固まっていない本作ならではの描写だと思います。

またミーコの立ち位置が変わったことで
学校生活のシーンに大きく尺が取られているあたりは
実写映画版にも通じるところがありますね。
彼女の自慰シーンはもしかして
江川達也氏の『ネオデビルマン』を意識しての描写なのかなあ、と。

そして牧村夫妻が敬虔なクリスチャンになっていたり
アニメ「デビルマン」が存在する世界観が明らかになったりと
細かいアレンジもちらほら。
本作のためにリミックスされた「デビルマンのうた」は
ちょっと音が軽すぎる、という意見もあるみたいですが
個人的にはリズム感を重視したアレンジで非常に好みです。
原盤よりも歌いやすい気もします。

そしてオリジナルキャラ、長崎によって
デビルマンの戦いがカメラに収められたところで次回に続く。
美樹ちゃんに取材を執拗に求める描写など
いわゆる「お邪魔キャラ」的な立ち位置になっている彼が
今後どんな風に物語をかき回していくのかが気になるところです。

  

web拍手 by FC2

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : DEVILMAN DEVILMANcrybaby デビルマン

セブンネット限定の鉄のムビチケ(グレートマジンガーver.)が届いたよー。

映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が今週末からついに公開、ということで
昨年11月に注文していたセブンネット限定の
「鉄のムビチケカード(グレートマジンガーver.)」が本日無事に届きました。

 IMG_20180109_122910s-.jpg

こちらも限定2000枚ということでシリアルナンバー入り。
注文したのは販売初日(11/19)にも関わらず1700番台だったので
ナンバーは先着順じゃなくてランダムみたいですね。

 IMG_20180109_123115s-.jpg

そしてこれで先日購入した通常版の「鉄のムビチケ」と並べて
ダブルマジンガー達成です。やったぜ。

 IMG_20180109_123316s-.jpg IMG_20180109_123331s-.jpg

ちなみに違うのはデザインのみ……かと思いきや
今回のグレートマジンガーverのほうが10gほど重くなっていました。
さすがグレートと言うべきでしょうか。

 IMG_20180109_123348s-.jpg

一方で付属特典の「超合金の塊」の重さは70gちょい。
ぶっちゃけ名前負けしてる感じですがそれだけ鉄のムビチケが重いってことですね。

  

web拍手 by FC2

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : マジンガーZ 鉄のムビチケ

永井豪 「デビルマンサーガ 第64話」 感想

デーモンと一進一退の攻防を続ける勇希の戦いが描かれる
『デビルマンサーガ』の第64回。

というわけで前回に続いての勇希の戦いっぷりに加えて
国軍省の元にアスカ&白縫さんが登場、という展開となった今回の「サーガ」。
特に白縫さんのここでの帰国は正直予想外だったというか
ここで海外パートと日本パートが繋がってくるのかー、
というワクワク感がありますね。
『新ジャック』に続いてアモンとデーモンの共闘が見られそうな雰囲気です。

そして勇希が敵デーモン、ビビカの反撃を受けたところで次回に続く。
サイコジェニーのインパクトもあり
「目からの光=デビルマンの天敵」のイメージも強いですし
ここをどう切り抜けるのかが気になるところですね。
単純にシレーヌや国軍省の面々に助けられるんじゃ面白くないし
個人的にはもうちょっとアモンの強さを見せてほしいです。

いやー正直ここまでの勇希の戦いっぷりを見ていると
あれだけジンメンがビビっていたアモンなのに
意外にも苦戦が続いているなあ、と思ってしまうんですよ。
今回もビビカに対し「女は殺したくない」と手を緩めた瞬間に
手痛い反撃を受けていますし
勇希の人間としての甘さ、弱さが出ちゃっている気もしますね。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 永井豪 デビルマンサーガ

永井豪 「デビルマンサーガ 第63話」 感想

ジンメンの援軍により足止めを喰らう勇希の戦いが描かれる
『デビルマンサーガ』の第63回。

というわけで今回は混戦の中で
アモンの強さ、ジンメンのしたたかさ、そしてデーモンたちの
特殊能力にスポットを当てたストーリーが展開。

中でも印象的だったのが重力を操ったりするデーモンの特殊能力。
これまでは純粋に力押しで攻めてくるような感じの敵が多かったので
こういう一芸特化の異能バトル的な描写は新鮮だなあ、と。
しかし一度使うと死ぬ能力っていうのも何だか切ないというかアレですね。
ミツバチみたいなもんですかね(適当)。

そんなこんなで次回に続く。
これからは国軍省も巻き込んでバトルが続いていきそうですが
「亀井教授がジンメンとの会話でアモンの強さ、恐ろしさを知ったこと」
が今後のストーリーのポイントになりそうな感じ。
こうなると正々堂々正面から戦いを挑んでくることはないだろうし
彼らしい卑怯な戦略で勇希に揺さぶりをかけていくんじゃないかなあ、と。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 永井豪 デビルマンサーガ

「劇場版マジンガーZ」の鉄のムビチケを手に入れたよー。

やったーー! 買えたよーーー!

 IMG_20171209_105010s-.jpg

というわけで本日12/9より発売となった
映画『劇場版マジンガーZ / INFINITY』の限定ムビチケ
「鉄(くろがね)のムビチケカード」を無事に手に入れました。いやっほぅ!

限定1000枚のものを全国100以上の上映館で販売ということで激戦は必至、
ムビチケ通販サイト「メイジャー」でのネット販売も瞬殺、と
買えるか不安だったんですが何とか成し遂げました。
朝7時に家を出て自転車と地下鉄を乗り継いで
8時過ぎにMOVIX仙台に着いたのですがそこでは既に売り切れ、
慌てて長町経由でイオンシネマ名取まで足を運んでようやく買えた次第です。
交通費だけで2000円近くかかってしまいましたがそこはプライスレスです。

 IMG_20171209_105342s-.jpg

そしてビックリしたのがその分厚さと重量感。
重い重いとは聞いていましたが予想以上です。カードと言うより鉄板です。
重さを量ってみたら100gありました。余裕で定形外です。

いやーそれにしても無事に買えたから良かったものの
最初にMOVIXに行ったのは失敗でしたね。
というのもMOVIX仙台では今日から『ガールズ&パンツァー 最終章』や
『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』が上映開始、
しかも初回上映が8時台と早めになっており
8時過ぎの時点で既にクッソ混んでたんですよ。
ガルパンおじさんとまともにやり合って勝てるわけがないじゃないか……!

その点イオンシネマ名取はガルパンやってないですし
仮面ライダーも初回が10時だったので9時の時点では人はまばらでした。
こういう時は単に最寄りの映画館に早く行けばいいってもんじゃないですね。
いい勉強になりました。

そんなこんなで『劇場版マジンガーZ INFINITY』は来月公開。
ブログではこれまで触れる機会が無かったんですがすごい楽しみにしています。
自分は90年代以降のファンなので
「ダイナミックアニメ=低予算」のイメージが強いんですが
今回はしっかりとお金をかけて劇場版に相応しいものになっているみたいですし。
グリグリ動くメカアクションに本当期待してます。

あ、それと本作の兜甲児のキャストが森久保祥太郎氏、というのは
否定的な意見もありますが自分にとってはドンピシャです。
というのも自分にとっての森久保氏は『ロックマンX』のエックスなんですね。
本作の「かつての英雄」という立ち位置なんかは完全にX7です。
まあさすがにX7ほど厭世的にされてしまうと困りますが。

 IMG_20171209_105140s-.jpg

そんなこんなであとは公開を待つばかり。
クリアファイルのために通常版のムビチケを3枚購入しているので
本日購入した鉄のムビチケは未使用のまま大事に保存するつもりです。

  

web拍手 by FC2

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 劇場版マジンガーZ 鉄のムビチケ

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。
現在はRPGツクールMVで制作中。
ブログでは漫画やアニメの感想とか
いろいろと。

個人サイト
https://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2018/02 (1)

2018/01 (13)

2017/12 (5)

2017/11 (4)

2017/10 (6)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ