映画 「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」 感想

というわけで現在公開中の映画
百日紅 ~Miss HOKUSAI~』を観てきました。
原作が短編連作で分かりやすい山場のあるストーリーでは無いこと、
群像劇的な性格が強い作品にも関わらず
「北斎の娘が主人公!」と微妙に見当違いの謳い文句で宣伝していることなども含めて
映像化する理由があんまり無いんじゃないかなあ、と思っていたんだけど
蓋を開けてみるとこれがまた面白かったです。はい。

特に江戸の町を行き交う人々の喧噪、
ダイナミックな構図で魅せてくれる俯瞰での町並み、
船で橋の下をくぐる時の視点の動きなどはまさに劇場クオリティ。
普通のTVアニメだったらここまでの画面作りは出来なかっただろうし
予算をふんだんに使った劇場作品にしたのも観れば納得納得。

そしてストーリーは原作の「龍(第5話)」「鬼(第9話)」「色情(第19話)」
「離魂病(第20話)」「野分(第28話)」などのエピソードを中心に
火事見物をするお栄、ラスト直前で名前だけが登場する滝夜叉など
他の話からも細かいネタを拾って再構築している展開。
アニメにして映える怪異的な部分をメインにしながらも
各エピソードから満遍なくネタを集めて一本の映画として成り立たせているのは
実力派の原監督の構成力の高さを感じさせてくれるところだね。

ただ個人的に原作の面白さっていうのは第1話の生首に始まって
「ほうき(第2話)」「再会(第13話)」「夜長(第29話)」
あたりの話に見られるような
・死人に対するどこか飄々としたスタンス
・現在よりも死と生の境目が曖昧だった時代ならではの人々の描写
にあると思っていたので
そのあたりのエピソードがごっそり削られてしまっていたのが残念なところ。
尺や表現上の問題があったのかもしれないけれど
「お猶の死」をクライマックスに持ってきているんだし
そこまでの流れとして死体が出てくるエピソードは
余さずがっつりと映像化してほしかったなあ。

また徹頭徹尾お栄の視点で語られる長編作品にした弊害か
原作ではメインを張る話も多かった善治郎や国直が
かなりワリを食っちゃっていた印象。特に国直はキャラ変わっちゃってる感じ。
また雪遊びなどのお猶のオリジナル話を増やしたせいで
そこだけが妙に現代的な(ベタな)演出になっており
「あれ? お猶が病気になったのってお栄が連れ回したせいじゃね?」
みたいに思えてしまう流れになってしまっているのも
ちょっと気になったところかなあ、と。

あ、あと長編映画としてそれっぽいエンディングが必要だった、
というのは分かるんだけど
ラスト5分は完全に蛇足だったと思います。
っていうかスカイツリーが悪い意味で全部持っていっちゃった感じ。
謎のサブタイトル「~Miss HOKUSAI~」もそうだけど
世界に向けて東京アピール! みたいな打算があるんですかねこれは……。

というわけでいろいろと気になった点はあるけれど
しっかりと一本の映画として楽しめた本作『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』。
ただやっぱり90分という尺の短さがもったいないなあ、と。
それこそ3~4時間くらいかけてもっとじっくりと江戸の町に浸っていたかったわ。

   

web拍手 by FC2

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ感想 百日紅

「永井豪×石川賢 ゲッターロボ40周年記念原画展 図録」 感想

青山GoFaで5/31まで開催中の原画展
「永井豪×石川賢 ゲッターロボ40周年記念原画展」の図録が
電子書籍販売サイト「eBookJapan」で期間限定で発売ということでさっそく購入。
税別800円と電子書籍としてはやや高めの値段設定だけど
東京に行くことを考えれば超安いし
こうして誰でも手に入れられる形式で販売してくれるのは嬉しいなあ。

というわけでこちらの図録、中身は展示されている原画の紹介の他、
各ゲッター作品の紹介ページ、永井豪氏や永井隆氏のインタビューや
中島かずき氏のショートエッセイという構成。
特にインタビューにかなりのページを割いており
これまであまり表に出てこなかった「永井豪氏や永井隆氏から見た石川賢」
という部分に触れられていたのがかなり興味深いところ。

また原画は単行本の表紙に使われたカラーイラストなどが中心で
以前に発売された画集「闘神」に載っているものがほとんどなんだけど
画集の発売後に連載が始まった『ゲッターロボアーク』についても
しっかりと押さえられているのが見所。
特に雑誌掲載時のアオリ文やロゴが入っていない扉カラーや表紙イラストは
今回の原画展が初公開になるんじゃないかなあ、と。

そんなこんなでやっぱり原画を生で見たかったなー、
というのはあるんだけど地方民には嬉しい今回の図録の販売。
今後のイベントでも通販とかWEBでの発表とか積極的にやってほしいね。

ところで「クレーターバトル」を『真ゲッターロボ』の1エピソードとして
紹介しているのはどうなんだろう。
まあ「じゃあどこに分類すればいいんだよアレ」と言われても困るんですが。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲッターロボ

OYSTER 「ど先端ナース 1巻」 感想

『超可動ガール1/6』『シネマちっくキネ子さん』などの連載作品を抱える
OYSTER氏の最新作『ど先端ナース』の単行本が発売。

今回の舞台は「病院」ということで
出てくる患者たちとのツッコミ不在のシュールなやり取り、
存在自体がネタであるナース山関などのサブキャラが本作の魅力。
中でも町内会のチラシの妙なリアルさには思わず苦笑。
確かに「いかにもワードアート」な感じのものが多いよなあアレ。

また後書きコメントなどにあるように
『光の大社員』の後継作品ということを意識しているのか
煙草を吸いたがる患者がスモ岡さんだったり
アルクメンが同デザインのイエスマンとなって再登場していたりと
細かいところでファンならニヤリと出来る要素が入っているのも嬉しいところ。

ただ主人公の育郎クンにあまり魅力が感じられないというか
「大社員というよく分からないものを目指すよく分からないキャラ」
という得体の知れないインパクトと面白さを持っていた
『光の大社員』の光クンなどと比べると
育郎クンは「ナース好き」という分かりやすい性癖(?)に収まってしまっており
メインを張るにはちょっとキャラが弱い印象も。

とは言えOYSTER氏のギャグセンスにはますます磨きがかかっており
再登場するっぽい伏線をおまけページで残していったとがりさんの裏モードなど
ストーリーマンガ的な要素もちょこちょこと入っているし
早くも2巻以降が楽しみな感じ。
『光の大社員』くらい長く続いてほしいなあ。うん。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 ど先端ナース

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/09 (7)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ