石ノ森章太郎/村枝賢一 「新仮面ライダーSPIRITS 6巻」 感想

変身不能だったスーパー1が復活し、
ようやく次回大逆転! というところまでやってきた今回の「仮面ライダーSPIRITS」。
いやあここまで本当に長かった。
単行本で2巻半、雑誌連載では1年以上変身不能の状態が続いたわけで
名作揃いだった第1部が単行本3冊に収められていることを考えると
本当に最近はテンポが悪くなっちゃってるなあ、と。
そこらへんは前巻に続いてかなり不満だったところ。うーん。

バダンシンドロームに冒されながらも戦意を失わなかった
目黒隊長のアドバイスによる逆転劇や
宇宙を飛ぶバダンの竜や大首領たちをビジュアル的に見せてくれたりと
今回も見所はたくさんあるんだけど
スーパー1=沖一也を中心として考えると
どうにも今回はフラストレーションが溜まり続けるエピソードだなあと感じてしまったり。

まあ5~6巻は明らかにそういう「溜め」の話なんだろうし
ラストでドグマ怪人軍団と対峙するスーパー1の見開きページは
本当に格好いいから次回以降の活躍に大期待。
ZXがどのように一也や竜に干渉したのか、
バダン内部で竜をコントロールしようとするライダーマンの行動が今後どう関わってくるのか、
などなどの謎も次巻では明かされるだろうし
とにかくスーパー1編が終わってからいろいろと考えることにしよう。

……しかし6巻って現在発売中の月マガのエピソードまで収録されてるのね。
月刊誌にしては毎回のページ数もやけに少ないし
余裕の無さとかがちょっと不安だったり。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 仮面ライダーSPIRITS

永井豪/田畑由秋/余湖裕輝 「真マジンガーZERO 7巻」 感想

ついにゴードンヘルとの最終決戦が始まった「真マジンガーZERO」。
映画「マジンガーZ対暗黒大将軍」のように出撃前に怯える甲児や
触れただけで全てを破壊してしまいそうなゴードンヘルの圧倒的な強さなど
とにかくクライマックスの絶望感と威圧感、息もつかせぬ展開がたまらないねこれ。
魔神となったZの脅威は作中で何度も言及されているわけだし
それに対抗するにはやっぱりこれくらい敵もヤバくないとなあ。

その一方で1~2巻からずっと示唆されていた「兜甲児の特殊性」がついに明かされ
伏線回収という意味でも大きくストーリーが動いたのが印象的なところ。
第0話や第4話のルストハリケーンにしっかりと意味を持たせていたりと
ダイナミック的な勢いと綿密な構成が同居してるのはすごいわ。

そして何と言っても今回のメインはマジンパワーもとい魔神パワーの発動。
7つのチャクラによる真の力の解放というのは「マジンサーガ」が元ネタなんだろうけど
「サーガ」では全てのチャクラがあっさりと1~2ページで解放されて
その力をどのように使っていくのか、が話の中心になっていたのに対して
「ZERO」では一つ一つのチャクラとその力をじっくり見せることで
その力を如何にして手に入れるのか、が中心になっているのが面白いところ。
この違いは力の解放が導入部として描かれた「サーガ」と
ラストバトルで描かれている「ZERO」の違いなんだろうなあ、と。

そんなわけで最終回が見えてきた感じもするけれど
まだ隠し球が残っていそうで油断は出来ない感じ。
今までに幾度となく出てきた「甲児の腕とZの腕がかぶって人外の力を出す描写」など
ミネルバさんの言う「断片が過去の自分に影響を与える」だけでは
説明出来ない部分もあるし
もっと強大な何かが甲児に干渉しているのは間違いないんだろうなあ。
ほとんど人類滅亡状態となっている世界観を考えても
単純にヘルを倒して「やったー大勝利めでたしめでたし」とは出来ないだろうし。
こうなったらもう宇宙からやってきたゴッドマジンガーが世界を作り替えるしかないね!
いやあ早くも次巻が楽しみだわ。

 

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 真マジンガーZERO

牛木義隆 「夢喰いメリー 8巻」 感想

帯にあるように4巻からずっと眠り続けていたエンギが満を持して復活、
そしてエルクレスの正体が明らかになり
いよいよ終章開幕といった雰囲気が出てきた「夢喰いメリー」の第8巻。
いやあ相変わらず表紙のメリーさんがかわいいなあもう。
完璧超人な転校生、白儀くん周りの謎を除けばだいたいの伏線も解消された気がするし
彼が最後にジョーカー的な役割を果たしそうな気も。

また今回は双子の夢魔「アハテルノーテ」との戦闘シーンが
ページの半分ほどを占めており、
女性キャラだろうがなんだろうがお構いなしに鼻血やら何やらを流しつつ戦う姿には
ああそうかこれは少年漫画なんだ、燃え漫画なんだ、バトルアクション漫画なんだ、と
妙なところで納得してしまったり。

ところで今回は「幻界との門」に言及した部分が多く見られたけど
この設定ってなんだか「幽☆遊☆白書」の「魔界の扉」を思い出すんだよね。
もしそうなら最終的に門番メリーさんの管理の下に
人間たちと夢魔たちが和解~共存の道を歩んでいくというラストが見えてくるんだけど
果たしてどうなることやら。

そして普段はあんまり店舗特典とか気にしないんだけど
今回はイラストのデザインに惹かれてメロンブックスのペーパーファイルを選択。
クリオネちゃんの病んだ目つきがたまらんねひゃっほい。

 

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 夢喰いメリー

石黒正数 「木曜日のフルット 2巻」 感想

1話2ページながらもチャンピオンでしっかりと存在感を見せている
「木曜日のフルット」の2巻が発売。
少ないページならではの切れのいいギャグは今回も健在。
ラストのシュールなコマが笑いを誘う水溜まりの話や
ちょっと人情モノっぽい「魔犬の巻」やマリアの卵を守ろうとする話など
普通のギャグ漫画に留まらないオチを見せてくれる話もあるし
意味のない自転車の鍵の番号が「1374=意味なし」だったりする小ネタも含めて
どこから読んでも面白い、いろんな楽しみかたが出来る漫画だなあ、としみじみ。

ただちょっと引っかかったのが1巻に比べて
時事ネタや風刺ネタの入っているエピソードがかなり多くなっていること。
そういう話は良くも悪くも週刊誌に載ってるような感じの雰囲気で
ゆる~く楽しいがコンセプトの「フルット」にはちょっとそぐわない気も。

そして鯨井先輩の無職ネタがやけに取り沙汰されるようになったのも気になるところ。
「それ町」の紺先輩なんかを見てても
石黒氏はこういうキャラが好きなんだなあっていうのは分かるんだけど
そのあたりの掘り下げをやっていくとどうしても
漠然とした不安=エグい感じの雰囲気になっちゃうし
個人的にはあんまりそういうのは好きじゃなかったり。うーん。

 

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 木曜日のフルット

「サイボーグ009 conclusion GOD'S WAR 第1話」 感想

週刊少年サンデーのWEBコミックサイト「クラブサンデー」で
サイボーグ009の完結編「conclusion GOD'S WAR」がついに連載開始。

小説版・上巻の発売から5年、
完結編アニメ化という触れ込みだった平成版009から10年、
そして「天使編」「神々との戦い編」から数えると40年の時を経ての完結編。
いやあ長かった。比較的新しいファンである自分から見ても長かった。
なんかもうここまで来ると
どんな形でもいいから最後まで見せてくれーってのが正直な気持ちなんだけど
小説+漫画という石ノ森氏が望んでいた(と思われる)
最良の形での発表になったわけだし
満を持してって感じでこれは素直に嬉しいなあ、と。
まあぶっちゃけ今年を逃したらサブタイトル的に考えてヤバすぎるんだけど。

そんなわけで今回の完結編第1話、基本的には小説版のプロローグと第1章を
まとめてダイジェストっぽくした雰囲気だったけど
光の者たちのビジュアルや「収穫ノ時」というフレーズなど
「天使編」の要素が色濃く入っているなあ、と思われるところがちらほら。
石ノ森氏とギルモア博士の邂逅が病床の他に仕事場でも行われているなど
アニメ版の設定が混じっているところもあるし
まさに今までの断片の集大成という感じで完結編がついに始まったんだなあ、としみじみ。
もう読めるだけで感無量。

そんなわけで早くも来月が待ち遠しいんだけど
気になるのは一体どれくらいのボリュームになるのかという点。
「天使編」の時点で石ノ森氏の構想は単行本10巻以上にまで広がっていたみたいだし
とにかく最後まで読みたいんけどこじんまりとした感じで終わって欲しくもないし
そこらへんは複雑なところ。
特に次回以降はどんどんストーリー性が出てくるところだしページ数が気になるね。

-----------------------------------------
それにしてもWEBコミックでの連載っていうのはどうなんだろうねこれ。
いやもちろん誰でも無料で読めるというのは願ったり叶ったりなんだけど
初期の「サイボーグ009」をリアルタイムで読んでいた世代は現在50~60歳、
これは私の両親の世代である(確認済み)。
果たしてそういう世代の人たちに「クラブサンデー」でのWEB連載という形で
009完結編をアピール出来るのかというと微妙なところだし
かといって新規読者を開拓するにしては説明不足、描写不足な点が多すぎるし
そういう意味では完全に熱心なファン向け、内輪向けの作品なんだよなあ、と。
恐らく秋の映画「009 RE:CYBORG」に単行本発売を合わせてくるだろうから
そうしたら少しは宣伝になるのかな。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 サイボーグ009

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。
現在はRPGツクールMVで制作中。
ブログでは漫画やアニメの感想とか
いろいろと。

個人サイト
https://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2018/01 (9)

2017/12 (5)

2017/11 (4)

2017/10 (6)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ