長谷川裕一 「機動戦士クロスボーンガンダム DUST 1巻」 感想

衝撃のラストを迎えた「ゴースト」に続く形で始まったシリーズ最新作
『機動戦士クロスボーンガンダム DUST』の単行本第1巻が発売。

というわけで「ゴースト」のクライマックスで一気に時代が飛んで
宇宙世紀0169年という誰も知らない世界に到達してしまった
クロスボーンシリーズ最新作の舞台は
無数の小勢力がしのぎを削る「宇宙戦国時代」!
ビームサーベルに時間制限があるほどに技術が低下した世界で
「ミキシング・ビルド」によって生み出されたMSたちが大暴れする物語は
既存のガンダムのイメージからは良くも悪くも完全に解き放たれた感じ。

全身武器のギミックにフェイスオープンと
かつてのクロスボーンガンダムを踏襲した主人公機アンカーをはじめとして
四つ目のマラサイにガンダムに偽装したバイアランなど
「何でもありの混沌とした世界」を体現するような
トンデモデザインのモビルスーツが続々登場するワクワク感は
まさに長谷川漫画の真骨頂。
宇宙を飛ぶズゴックやゾックにしっかりと説得力を持たせているのは
一時期必要以上にネタにされた岡崎優氏の漫画版ガンダムに対する評価への
「設定に囚われて否定するだけじゃ面白くないよ」という
長谷川先生の遊びを含んだ一種の意趣返しなんじゃないかなあ、と。

そして物語の着地点が全くの不明瞭であることも
この混沌とした世界を強調している部分。

無印クロスボーンでは「木星帝国の地球侵攻を防ぐ」
ゴーストでは「エンジェル・コールを消滅させる」
というはっきりとした目的と敵対組織が序盤で提示されていたのに対して
本作のアッシュ&レオの目標は
「この世界を何とかしたい」という非常に曖昧なものなんですね。

またこれまでのシリーズではトビアに対するキンケドゥ、
フォントに対するカーティス、と
前作主人公が序盤から導き手として登場していたのに対し
アッシュ&レオはどちらかと言えば「二人三脚」な感じで
日々を生きていくので精一杯の手探り状態。
そういう部分も含めて良くも悪くも指針がないというか
どういう風にストーリーが転がっていくのかが全く分からないなあ、と。

そんなわけで既存のガンダム世界を飛び出してしまい
これまで以上に長谷川節が炸裂している新シリーズ『DUST』。
今のところ分かりやすい敵や黒幕も登場していないし
「戦国時代」の名に相応しいこの混迷した世界に
どういったケリをつけてくれるのかは全くの未知数ですが
まあガンダム漫画随一のストーリーテラーである長谷川先生のことなんで
そのあたりは全然心配してないです。はい。

それとオープニングで1コマだけ登場しているフォント&ベルは
『マップス ネクストシート』のゲン&リプミラみたいな
立ち位置になりそうな感じですね。
決して物語の主人公にはならない番外編的なアレというかなんというか。
パワーバランス的にもこの時代のファントムは最強レベルの機体だろうし
ストーリーの中盤で満を持して登場するんじゃないかなあ、と。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : クロスボーンガンダム

長谷川裕一 「機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 12巻」 感想

単行本にして全12巻と無印クロスボーンの倍のボリュームとなった
『機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト』がついに完結。

というわけで堂々のクライマックスを迎えた最終12巻。
前回までにお互いに全ての手の内を出し尽くした、ということもあって
まさにラストバトルと呼ぶに相応しいガチンコ対決が展開。
ディビニダド(コーシャ)とカオスレル(トモエ)の
巨大MS同士ががっぷり四つに組み合っての格闘戦などは
まさに長谷川ガンダムならではのケレン味といった感じだね。

また個人的に印象に残ったのがカーティス(トビア)がフォントの能力を
「人類の進化の可能性かもしれない」と語っていたところ。
無印でニュータイプを「単に宇宙という環境に適応しただけ」と否定し
短編『猿の衛星』などでも「NT=人類の革新」に異を唱え続けてきたトビアが
ここで初めて人類の進化というものをフォントの中に見つけた……というのは
シリーズをずっと追ってきた読者にとっては感慨深いものがあるなあ、と。

そして強制冷却を駆使した戦闘、Iフィールドが最後の決め手となるなど
これこそまさに長谷川作品! と言わんばかりの決着のあとのエピローグとなる
最終話「その名はゴースト」はまさに単行本の帯にあるように「衝撃」の内容。
うわーここでこう来るか! いやーこのSF的展開はマジですごいです。

で、この衝撃のエピローグなんですけど、自分はこの終わり方に
「宇宙世紀年表という枷からの解放」的な印象を感じたんですね。

というのもこのエピローグの内容は
長谷川先生の代表作である『マップス』の
最終エピソード(時間軸的な意味での)となる短編
「五千万光年の風」にそっくりなんですよ。
スケールの大きさは違うものの
・冬眠していた主人公とヒロインが未来に目覚める
・世界が変わってしまっており、繋がりを失ってしまったと嘆く主人公
・全てを無くしたわけではない、と再び主人公が動き出しEND
というストーリーの流れやシチュエーションがそのまんま。

で、この類似はぶっちゃけ意図的なものだと思うんですね。
オリジナルの代表作である『マップス』を読者に想起させることで
ここから先の世界は手垢の付いた宇宙世紀ではなく自由な世界だ、と
暗喩的に宣言しているんじゃないかなあ、と。

ラストのナレーションが
「噂や伝説ではなく確かに存在した“もの”の話だ」
と語っているのがその証左。
「オフィシャルではございませぬぞ」を貫いてきた長谷川ガンダムが
ついに「手垢の付きまくった宇宙世紀」という枷を外して
「長谷川先生がオフィシャルな世界=確かに存在した真実の物語」
をここから始める意思表示だと思うんですよ。

というわけでここからは前人未踏で長谷川先生の独壇場。
「テクノロジーが退化しつつある宇宙世紀168年」という
誰も知らない世界を舞台に新たな物語が始まるんだなあ、と。

そんなこんなで次シリーズ『機動戦士クロスボーンガンダム Dust』の連載が
早くも決定しているみたいですが
「アンテナの生えてない謎の機体の予告シルエット」には
ガンダムというより「鋼鉄の狩人」や「ダイソード」に近い印象を受けるし
もはやガンダムを名乗る必要すらないくらいに
自由な長谷川漫画になっていくんじゃないかなあ、と勝手に想像+期待しています。
いやーもう超楽しみ。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 長谷川裕一 クロスボーンガンダム

長谷川裕一 「機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 11巻」 感想

互いに切り札を出し尽くしての最終決戦が繰り広げられる
『機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト』の第11巻が発売。

今回の見所はまず過去キャラの再登場で贈るソーラ・システム作戦。
すっかり大人の女性になったトゥインクや老練さを見せるハリソン、
まだまだ元気なウモン爺さん(恐らく90歳前後!)まで
Vガン時代の彼らの活躍が見られるのはシリーズのファンにはたまらないね。
それにしてもハリソンさんはすっかり初老って感じだなあ。
恐らくシーブックと同年代くらいだったと思うんだけど何なんだろうこの違いは。
若い頃から苦労ばっかりしてたからかなー。

しかしそれでも一筋縄では行かないのが今回のラスボスであるキゾ中将。
今まではその狡賢さがメインだったけれど
本巻ではフルクロスを破壊しカーティスの猛攻を完全に防ぐなど
ラスボスに相応しいMSの操縦技術=正統派の強さを見せ付けてくれた感じ。

そして個人的に印象深かったのがビルさんの最期。
彼はストーリーに大きく絡むことは無かったけれど
序盤から「理解のある仲間」として要所要所で存在感を見せていただけに
彼の死は自軍の士気にも大きく関わってくるんだろうなあ、と。

そんな敗北からの大逆転に賭けるフォントたちの前に
最後の切り札として登場したのはまさかのディビニダド!
うわーここでこれが来るか!
かつてのラスボス機が自軍に! というワクワク感もさることながら
無印クロスボーンのストーリーを絡めつつ
その存在にしっかりと説得力を持たせているのがすごいところ。
後付けの続編でありながら全く違和感を感じさせない話運びの巧さは
ストーリーテラーの長谷川先生ならではだなあ、と。
しかしそれでも「バイラリナより心許ない」と言われているのには
時代の流れを感じるね。
ディビニダドももう作中では20年前の機体なんだよなあ……。

そんなこんなでいよいよ次回で最終巻らしい『ゴースト』だけど
この戦いが終わった後にフォントはどうするのかなー、
というのが一つ気になるところ。
「死亡扱いになっていて出来ることと言ったら海賊くらい」だった
かつてのトビア(カーティス)と違って
フォントは日常に戻ろうと思えば戻れるんだろうけど
ベルとの関係などを考えるとそうも行かない部分もあるだろうし
ある程度「選ぶ自由」を持っている彼は最終的にどういう決断をするのかなあ、と。

あ、ちなみにどうでもいい話なんですが
自分の単行本(初版)だとディビニダがディビニダになってますね。
あれかな? メカゼータ的な誤植アレかな?

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 長谷川裕一 クロスボーンガンダム

長谷川裕一 「機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 10巻」 感想

「エンジェル・コール」を巡る戦いもそろそろ大詰めとなる
『機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト』の単行本第10巻が発売。

ついに10冊目の大台に乗ってストーリーも最終局面な感じの今回は
それぞれの思惑が渦巻く三つ巴の戦場に
文字通り「全部乗せ」のサーカス最終機体グレゴの登場、と
まさに決戦らしい盛り上がり。

またその中で各キャラの本音がちらほらと垣間見られる展開になっており
特にフォントを叱咤するジャックとのやり取りの中で
「死者はどこにも行かない」「消えていなくなってしまう」と
フォントが独白しているのは注目すべきところ。
・死者は何も出来ない
・死んでしまったらおしまい
・だから今生きている人の命が大切なんだ
というのは『逆襲のギガンティス』から続く長谷川ガンダムのテーマの一つだし
ジュドーやトビアとは違う理屈っぽさがあったフォントが
ここでついに長谷川ガンダムの主人公に相応しいキャラに成長した、
みたいな感慨深さもあるなあ、と。

そして敵側ではクォ・グレーがキゾ中将の戦略を
「子供っぽい感傷に引きずられている」と看過しているのが興味深いところ。
無印クロスボーンのドゥガチも「自分の手で地球を破壊したい」
という個人の感傷のために戦略を見誤っていたけれど
今回のキゾ中将もそのあたりが弱点というかアキレス腱になってるんだなあ。
親子の業は深いわー。

そんなこんなでMSミダスの謎解きやカーティスの切り札など
ちょうど美味しいところを残したまま次回に続く。
いやー11巻が楽しみだわ。

それにしてもカラス先生は要所要所で名前が挙がってくるね。
歴代ラスボス全てに深く関わっていて
死後20年を経ても強い影響力を持っているなんてまさに影の存在。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 長谷川裕一 クロスボーンガンダム

長谷川裕一 「機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 9巻」 感想

鋼鉄のパン屋=シーブックとの交流によるフォントの心の変化が語られる
『機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト』の単行本9巻が発売。

今回の見所は何と言ってもついに再登場を果たしたシーブックの大活躍。
ブランド・マーカーを使っての「飛び降りろ! コクピットを潰すぞ!」という
無印第1話と同じセリフが飛び出したりと
既に旧式MSとなっているクロスボーンガンダムを駆っての大立ち回りは
シリーズのファンなら思わずニヤリとしてしまうところだね。
セシリーがちゃんと「アノーさん」と呼ばれているのにも何だか嬉しくなったり。
しかしオウムのハロはまだ生きてたのか……。
それにしてもシーブックもセシリーもすごい若いなあ。
年齢的にはもう50歳近いはずなんだけど全くそう見えないわ。

そして後半は最終決戦に向けて敵味方それぞれの決意と思惑が語られる展開。
「今回の仕事が最後」「学校に通うのもいいな」「仕送りしている妹がいる」と
次々とフラグを立てていくジャックやトビアの口調で決意を語るカーティス、
外惑星の素材によって銀色になったファントムなどが気になるけれど
中でも本作のラスボスとなるであろうキゾ中将+トモエが
「人類が絶滅しても構わない」と言っているのが引っかかったところ。

これまでのシリーズのラスボスは
・自分の手で地球を汚染することに拘り続けたドゥガチ
・自分たちが正しいことを証明するためにレーザーの連射を命じたカリスト
と最後の最後で人間であることを捨てきれずに戦局を見誤るような感じだったけど
この二人はそのあたりが感じられないというか
ナチュラルに(フォントの言い方を借りれば理性的に)
人類滅亡というのを一つ選択肢として自然に受け入れてしまっている印象。

今回のフォントの描写なんかを見ても
本作では「理性」というのが一つのキーワードになっている感じだし
このあたりが最終決戦に繋がっていくんじゃないかなあ、と。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 クロスボーンガンダム

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/10 (4)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ