ダイノゲッター の記事一覧

メイン 古い記事一覧へ≫

星和弥 「ダイノゲッター 第8話(最終話)」 感想

月一更新でWEB連載されてきた「ダイノゲッター」の漫画版も
今回の第8話で一区切りという名の最終回。

もともとメディアミックスとして始まった漫画だし
玩具もゲッター1~3が先月で出揃って一区切りになったから
最終話なのはまあ予想通りといったところ。

そんなわけで一気にエンディングへとなだれ込んでいった感じだけど
・断片的に語られる世界観の秘密と新たな謎
・決戦の最中に第三者が介入
・過去や未来など関係無しに今を戦い続けることを選ぶ主人公たち
・ゲッターが進化して新たな姿になる
と、これ完全に津島直人氏の『ゲッターロボ飛焔』のラストと同じ展開なんだよね。

『飛焔』も『ダイノ』も石川賢リスペクトのゲッター漫画ということで
こういう終わりかた以外のことは出来なかったんだろうけれど
予定調和すぎてイマイチ盛り上がれなかったような部分もちらほら。
「既存作品とリンクしているのかな?」という
インパクトやワクワク感を強く読者に与えたいんだったら
もっと派手にあんなキャラやこんなキャラをねじ込んできても
良かったんじゃないかなあ。
そういう意味では『飛焔』はバグが出てきた外伝が一番好きだったり。

また『飛焔』が原作『ゲッターロボアーク』のパラレルと思しき舞台だったのに対し
本作『ダイノゲッター』は人類が宇宙からやってきて独自に進化した個体らしきこと、
その宇宙から来た生命体がインベーダーに酷似していることなど
どちらかと言えば人類とインベーダーが起源を同じくする設定の
OVA『真ゲッターロボ世界最後の日』に連なっている印象があるなあ、と。
ナガレの台詞「続きはあの世でやるこったー!」なんかも
完全にOVA竜馬の口調、って感じだし。

というわけで良くも悪くも「他作者による石川賢リスペクトのゲッター漫画」
的な最終回だった漫画版ダイノゲッター。
ページ数的にはちょうど単行本一冊になるボリュームだけど
出版社のWEBコミック誌で連載していたわけじゃないし
今も第1話から全話読める状態になっているから
現状では紙媒体で出る予定はないのかな。

何はともあれありがとうダイノゲッター! さようならダイノゲッター!
ダイナミック企画のHPはまだまだコンテンツが少ないし
今回みたいな感じで定期的に漫画の連載してほしいなあ。うん。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 ダイノゲッター

星和弥 「ダイノゲッター 第7話」 感想

翔龍王グールとの決戦でどんどん盛り上がる
『ダイノゲッター』の漫画版第7話が更新。

ウザーラ(OVA版真ドラゴン)のような外観と強さを誇るグール専用機のダイタンや
「爬虫人類のあとに人間たちの時代が来る」という
原作ゲッターとの繋がりを感じさせるキーワードなど
気になるところはいろいろあるけれど
やっぱり一番の衝撃はインベーダー的な融合を見せながら登場した
複数のサオトメの存在。

元凶であり人類や爬虫人類を裏から操るサオトメ、
そして裏切り者となって人類側についたサオトメ、というのは
ちょっと『偽書ゲッター』などを彷彿させる感じ。

そんなわけで次回はサオトメの正体やゲッターの謎などが
一気に明かされることを期待してしまうけど
今月で玩具のゲッター1~3が揃い踏みだし
この漫画版ダイノゲッターもそろそろクライマックスなのかなあ。

翔龍王グールは恐龍帝国の「八つの牙」の一人ということで
帝国にはまだまだ実力者がいるみたいだけど
そいつらを一人一人倒していくような話にはならないだろうし。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 ダイノゲッター

星和弥 「ダイノゲッター 第6話」 感想

三人のパイロットがついに揃いストーリーも一大決戦に向けて加速する
『ダイノゲッター』の漫画版第6話が更新。

OVA『新ゲッターロボ』なんかもそうだったけど
「三人のパイロットが揃った後どういった展開にもっていくか」が
ゲッター作品の一つの課題というか
作品全体の評価が決まってくるところだと思うんだよね。

で、本作『ダイノゲッター』はどうかというとこれがまた面白い。
今まで虐げられてきた人間たちがゲッターを中心に奮起して決戦、という流れは
以前にも触れたけどゲッターサーガの影響を色濃く受けた
『天元突破グレンラガン』の逆輸入といった感じだね。
影の薄くなりがちな3人目=トモエに
「涙もろい一面がある」という性格を付けたのもいい感じ。

そして「復讐」をテーマに敵味方の因縁をはっきりと描いてきた本作だけど
今回はついにサオトメと関係があるらしい謎の影が登場。
ゲッターのことをよく知っているような物言いだし
次回はダイノゲッターの正体も含めて多くの謎が明らかになる予感。

「ハチュウ類はゲッターロボに勝てない」という台詞は何を意味しているのか?
もしかして他作品とリンクしたりするのか? などなど
とにかく続きが気になる引きとなった今回。
いやあ来月が待ち遠しい。
月1更新でこんな気になる終わり方をされちゃあたまらんわ。

   
web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 ダイノゲッター

星和弥 「ダイノゲッター 第5話」 感想

ドラゴとの激戦の中で遂にナガレ、ジン、トモエの三人のパイロットが揃った
「ダイノゲッター」の漫画版第5話が更新。

ここまでの3~4話は回想シーンが何重にもなっていて
お世辞にも分かりやすい展開とは言えなかったけど
今回はそのあたりの時系列がきちんと整理されて
3話からの流れがようやく理解出来るようになった印象。
今までは黒いゲッターが何なのか、乗っているのは誰なのか、すら
分からない状態だったからなあ。

またゲッター2の活躍回だと思っていたら
早々に3人目=トモエにスポットが当たったのは嬉しいところ。
設定でアレンジが加えられることが多く
西川秀明氏の『偽書ゲッター』では女性になっていたムサシだけに
本作のトモエの「女みたいな名前で嫌いなんだ」には思わずニヤリとしちゃうね。

サオトメが体力的に限界になって「大猿=トモエ」が代わりに搭乗、
というのは予想通りの流れだけど
次のエピソードでやるのかと思っていたから展開の早さには
このあたりのアレンジは原作の話を凝縮している感じでいいなあ、と。

そしてダイノゲッターの代名詞とも言える恐竜形態が再び登場したところで次回に続く。
次回はドラゴを倒してそのまま新展開に移っていくのかな。

ところでゲッターの姿を真似するような敵は
原作「真ゲッターロボ」の擬態化昆虫メカなんかがいたけど
ピクノドンという名前や吸収能力なんかからは
映画「空中大激突」の光波獣ピクドロンをどうしても思い出してしまうなあ。
名前そっくりだし案外元ネタだったりするのかな。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ダイノゲッター 漫画感想

星和弥 「ダイノゲッター 第4話」 感想

月一更新で連載中のWEB漫画「ダイノゲッター」の第4話が更新。

今回は前回の2人目──ジンに引き続き
恐らくサオトメに代わる3人目となるであろう「大猿」が新キャラとして登場。
今までのゲッターパイロットの3人目はストーリー的にはちょっと不憫というか
なかなか目立たなくてドラマが作りにくい立ち位置にいたけれど
「大猿」はジンと共に恐龍帝国と戦っていたという過去を持ち
最初から他キャラやストーリーにガッツリと絡んだ設定なのが嬉しいところ。

西川秀明氏の「偽書ゲッター」なんかもそうだったけど
最近のゲッター関連作品は
3人目にちゃんとスポットを当てることを意識してるのかなあ、と。

そしてジンがゲッターに選ばれたところで次回に続く。
「復讐」という動機はナガレと同じだし
ドラゴへの怒りも非常に分かりやすく描かれてていい感じ。
「目、耳、鼻」のくだりはちょっと不自然というかネタっぽくも思えてしまうけど
まあ原作リスペクトでいいんじゃないかな。

しかしこの3~4話は構成が複雑というか
回想を多用しすぎてて話の時系列が掴みにくい感じだね。
まとめて読めば問題ないんだろうけど月1で1話ずつだと戸惑うなあ、と。
「マジンカイザーSKLヴァーサス」もそうだったけど
星和弥氏の作品は回想や過去話に力を入れすぎて
本末転倒に感じてしまう部分もある気がする。うーん。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 ダイノゲッター

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/11 (3)

2017/10 (6)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ