デビルマンG の記事一覧

メイン

永井豪/高遠るい 「デビルマンG 5巻」 感想

高遠るい氏の新解釈による21世紀のデビルマン「デビルマンG」の
最終巻となる第5巻が発売。

後書きの作者コメントにあるように
原作「デビルマン」同様の全5巻での完結を予定していたということで
とにかくクライマックスに向けてノンストップ+加速していくストーリーが魅力。

特に原作「デビルマン」の最終戦争と
原作「デビルマンレディー」の最終破壊を折衷させた感じで世界の混迷を描いた
『FIRE WARS』からのラスト3話は圧巻。
まさかの格好いい再登場+最期を見せてくれた雷沼教授もよかったし
これまでのデビルマン関連作との大きな違いであるソロモンの設定をフルに活用し
「デビルマン」の「デーモン=地球の先住生物」と
「デビルマンレディー」の「デーモン=人間が力の進化を遂げた姿」という
矛盾する2つの設定を論理的にしっかり融合してくれた所は見事の一言。
また原作「レディー」で尻切れだったカイムと黒シレーヌの関係に
しっかりと決着をつけてくれたのも嬉しいところ。
この二人は原作「レディー」から十数年の時を経てようやく救われた感じだなあ。

そして紆余曲折あった末に人間たちとの共存が成されるというラストは
アニメ版「デビルマンレディー」にかなり近い感じなんだけど
注目すべきなのは最終決戦となるアモンVSゼノンの戦いが
美樹ちゃんの介入により和解という形で終着したという点。
アニメ「レディー」でも結局ジュンとアスカは決別してしまったし
数あるデビルマン関連作の中でこういう形の真のハッピーエンドを見せてくれたのは
本作「デビルマンG」が初めてなんじゃないだろうか。

------------------
そんなわけで堂々完結となった「デビルマンG」だけど
興味深いのは高遠氏が自らの永井豪体験を語っている巻末の後書きメッセージ。
原作「デビルマン」が古典となり、永井豪作品に特別な思い入れを持つこともない世代
(Wikipediaの生年月日が正しければ自分より少し上の世代)である高遠氏は
恐らく中高生の時期に「エヴァンゲリオン」ブームを体験し
「エヴァの原点」やら何やら偏見と手垢の付きまくったデビルマン体験をして
業界全体が「似非思弁性・似非観念性」に向かっていた時期に漫画家を志していたわけで
そういったバックボーンを持つ作者によって描かれたにも関わらず
「デビルマン」がここまで楽観的なハッピーエンド
(友人たちを殺したアモンですら赦され、救われることが後書きで示唆されている)
を迎えることが出来たというのは
もうそれだけで価値のあることなんじゃないかなあ、と思ったり思わなかったり。うん。

とまあ自分でも何言ってるのかよく分からなくなってきたけど
とにかくありがとうデビルマンG! さようならデビルマンG!

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 デビルマンG

永井豪/高遠るい 「デビルマンG 4巻」 感想

チャンピオンREDでの連載も佳境に入った感じがする
「デビルマンG」の単行本第4巻が発売。

今回はデーモン軍団の宣戦布告までを収録。
キーキャラクターとして「魔王ダンテ」の宇津木(空宜)や
「闘神デビルマン」の神代(守城)なども登場し一気に賑やかになった感じ。
前回の美樹ちゃんのデビルマン化あたりから
どんどんオリジナル要素が強くなっている感じだねこれ。
特に明(アモン)がデビルマンではなくデーモンだという原作との相違点によって
デーモン側の動向がかなり複雑+詳細に描かれているところが面白いわ。
ツバサ(シレーヌ)と東大寺の今後の関係なんかも気になるところ。

そして本巻ラストの宣戦布告からいよいよ
「とうとうここまで私の話を聞いてしまいましたねえ」的な最終章に突入といった雰囲気。
しかしこれ作中でいつの間にか1年も経ってたのか……。
連載開始から1年になるし現実世界に合わせただけかもしれないけど
火星接近の周期などがキーポイントになってるから
1年じゃなきゃいけない理由なんかもあるのかな。

しかし前にも書いた気がするけど本作のアモンは弱いというか
「普通よりちょっと強いデーモン」って感じだなあ。
「AMON」や「デビルマン対闇の帝王」などのデビルマン関連作品だと
どんどんアモンの設定が拡大解釈されて神々に比肩する存在になっちゃってるから
苦戦や敗北の多い本作のアモンはなんか新鮮だわ。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 デビルマンG

永井豪/高遠るい 「デビルマンG 3巻」 感想

美樹ちゃんのデビルマン化によって
真のストーリーが動き出した「デビルマンG」の3巻が発売。

21世紀に蘇った完全新作デビルマン、という触れ込みだった本作、
正直1~2巻はデビルマンのパロディをやりたいのか
現代風のリメイクをやりたいのか
それともアニメ版の漫画化をやりたいのか
「面白いんだけどなんか方向性が掴めない」部分が結構あったんだけど、
今回で「誕生篇」「シレーヌ篇」「ジンメン篇」を《一種の通過儀礼》として消化し
更にニクスとの戦いの中で原作版のラストシーンを
ある意味茶番のような形で挿入したことで
やっと「ここから先は誰も知らないストーリーが始まる」的な感じになってくれた雰囲気。
まさにハッピーバースデーデビルマン!
ここまでは長いプロローグだったんだねこれ!
まさか実写版ネタまで持ってくるとは思わなかったよ!

また「デビルマンレディー」や「AMON」を踏襲したデザインの黒シレーヌ=ツバサが
最後の最後まで話を掻き回しそうな立ち位置になっていたり
今までの派生作品でも皆無だった「明(アモン)と美樹ちゃんの真の意味での共闘」が
どんな形になっていくのかも楽しみなところ。

しかし今回巻末に各キャラのデザイン画が載ってるけど本編とけっこう違うねこれ。
デザイン画は高遠るい氏の絵柄そのままで描かれてるのに対して
本編では永井豪氏の画に近づけようとしている感じ。
1巻の感想でも書いたけど
無理に永井豪デザインを意識しなくてもいいんじゃないかなあ、と少し思ったり。
下手に似せようとして中途半端になるより
デザイン画そのままのほうが好きだわ自分。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 デビルマンG

永井豪/高遠るい 「デビルマンG 2巻」 感想

高遠るい氏の解釈による「新訳デビルマン」とも言える
「デビルマンG」の単行本第2巻が発売。
今回はシレーヌとの戦いの中でデーモン族と人間との接触や
人間界への侵攻の過程が明らかになり
ようやく本作の世界観がはっきりとしてきた感じ。

シレーヌのビジュアルや腕を飛ばす戦い方などは
原作漫画版「デビルマン」とほとんど同じなんだけど
雷沼教授の娘である新キャラのツバサがストーリーの中心となっており
1巻以上に現代風にアレンジした独自路線を進んでいる、というのが今回の印象。
中でも21世紀の世界観から見ると余りにも古臭くて説得力に欠ける「サバト」を
雷沼教授を絡ませた「心理学の実験」としたのは巧い逃げ道だなあ、と。
個人的には飛鳥教授がチョイ役として登場したのが嬉しかったり。

ただ「本来の力を発揮出来ていない」という設定のせいで
今回の2巻では主役=アモンがやけに弱く描かれており
何度もアグヴェルの罠に嵌っていいように扱われたりするのは
原作から考えるとちょっとストレスの溜まる展開。
最後のシレーヌ戦も完全に「弱っているところを不意打ちして勝利」という形だったし
もうちょっと勇者アモンらしいド派手な戦いを見たかったような気も。
しかしこの流れだとシレーヌは最後の最後まで引っ張るのかな。

そして週刊少年チャンピオンに掲載された特別版(第8.5話)も今回収録。
分かる人には「出水マサミ」の名前が出てきた時点でオチが読めるねこれ。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 デビルマンG

永井豪/高遠るい 「デビルマンG 1巻」 感想

デビルマン40周年の一環として連載がスタートした
高遠るい氏の「デビルマンG」の単行本が発売。

他作者様による「デビルマン」というと「ネオデビルマン」や衣谷遊氏の「AMON」など
原作漫画版のスピンオフやサイドストーリー的なものが多かったけど
今回の「デビルマンG」はキャラや設定、各種要素を流用しての完全新作。
特に明ではなくアモンの意識が中心になっていたり
火叢(氷村)やチャコといったサブキャラ、魔鬼邑(牧村)家の面々の本名など
アニメ版の要素がかなり色濃く入っているところが印象的。
どちらかといえば岩本佳浩氏の「闘神デビルマン」なんかに近いのかなあ、と。

そしてストーリーは原作漫画と同じセリフや構図をとりながらも
全く別の話としてきちんと成立しているのが面白いところ。
更に「デビルマンレディー」のジュンとアオイが高校教師として登場していたり
サッちゃんやススムちゃん、雷沼教授などのキャラクターが変わった立ち位置にいるなど
原作ファンならではの楽しみ方が出来る部分もちらほら。
「デビルマン」本編で魔女であることを否定しながら悲惨な死を遂げた美樹ちゃんが
「デビルマンレディー」では悪魔となり
そして今回「デビルマンG」でついに悪魔を使役する魔女になった…
みたいな変遷を考えると感慨深くなったり。

また魔鬼邑家の一家団欒で「21世紀の都市伝説」が話題にのぼっていたり
携帯電話やネットの普及がプロローグから見られたりと
そういう背景を考えると
本作はまさに40周年に相応しい「現代版のデビルマン」なんだろうなあ。
個人的にはジンメンのHNが「デスマスク」という地味な伏線が上手いと思う。

ただ気になるのは絵柄にやや統一感がないというか
高遠氏本来の絵柄と「デビルマン」初期の永井豪画を意識した部分が混在しており
いろいろと実験的な作画が残ってしまっているところ。
第2話「SO BAD BOY」での明と美樹ちゃんの会話なんかはかなり違和感があるし
本作の性質を考えても割り切って
高遠氏本来の絵柄で統一しても良かったんじゃないだろうか。

 

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 デビルマンG

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/12 (2)

2017/11 (4)

2017/10 (6)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ