永井豪 「デビルマンサーガ 第66話」 感想

シレーヌと国軍省の介入によってビビカに勝利し
ひとまずの危機は去った感じの『デビルマンサーガ』の第66回。

いやーそれにしてもよくよく考えたらケダマン戦から
ずっとノンストップでバトルが続いていたんですよねこれ。
亀井教授には逃げられて目的は果たせなかったけれど
勇希もここでようやく一息つけるのかなあ、と。

そして勇希の行動を訝る美樹ちゃんを
了がフォローするシーンが印象的なところ。
たとえ演技とは言え了と美樹ちゃんが親しげに話しているというのは
なんとも新鮮ですね。
『サーガ』では3人は幼馴染みだったようですが
このあたりの過去話なんかももっと見てみたいなあ、と。

それにしても勇希(アモン)と白縫さん(シレーヌ)は
お互いのことを案じていたりキスシーンがあったりと
傍目から見ると完全に浮気状態ですね。
何も知らない美樹ちゃんもかわいそうですが
アメリカで白縫さんのことを真摯に想っている貝坂が
ほんと不憫になってきます。
たまにはカイムが報われたっていいじゃないか……!

そんなこんなで次回に続く。
ところで今回はキャラのタッチが少し変わったような気がしますね。
先日から始まった『激マン! Z&グレート編』に合わせて
スタッフの再編成があったのかなあ、と。
あちらは『講談社版マジンサーガ』などに近い石川賢タッチですね。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 永井豪 デビルマンサーガ

永井豪 「デビルマンサーガ 第65話」 感想

敵デーモン、ビビカの精神攻撃によって危機に陥る勇希、
そして帰国したシレーヌが戦いの場へと突入する
『デビルマンサーガ』の第65回。

というわけで今回の見所は何と言っても
見開きページで描かれたビビカによる精神攻撃の描写。
「地獄」のようなイメージが勇希の罪悪感を掘り起こす流れは非常に迫力があり
ビビカが一気に強敵っぽくなりましたね。
正直ビビカはジンメンの前座で
モブキャラに毛の生えたような立ち位置だと思っていたんですが
ここで見事に中ボスに昇格した感じです。こいつやるじゃん!

そんな中で美樹ちゃんに白縫さんとの不倫(?)を疑われる……というイメージは
ちょっと情けないところがありますが
勇希の後ろめたさ、優柔不断な部分を突いているという意味では
かなり効果のある攻撃なのかなあ、と。

そしてシレーヌの乱入により逆転の予感を感じさせつつ次回に続く。
個人的には勇希≒勇者アモンの強さをもっと見せてほしかったんですが
軍人として海外で揉まれてきたシレーヌとの比較も必要だし
もうしばらくは勇希の詰めの甘さを強調するような展開が続くのかなあ、と。

そして単行本の7巻は今月末に発売。
今回収録されるエピソードはバトル描写がメインだと思うので
まとめて読むのが非常に楽しみです。
近年の永井豪作品は長くても5~6巻で区切りがつくことが多かったので
「7巻」と聞くと一気に長編っぽく感じるなあ。

いやーそれにしてもここ数ヶ月の永井本ラッシュはすごいですね。
先月~今月だけでも20冊近く出てるんじゃないでしょうか。
高価な復刻作品などもありなかなか網羅はできませんが
気になるところは押さえていきたいと思います。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 永井豪 デビルマンサーガ

永井豪 「デビルマンサーガ 第64話」 感想

デーモンと一進一退の攻防を続ける勇希の戦いが描かれる
『デビルマンサーガ』の第64回。

というわけで前回に続いての勇希の戦いっぷりに加えて
国軍省の元にアスカ&白縫さんが登場、という展開となった今回の「サーガ」。
特に白縫さんのここでの帰国は正直予想外だったというか
ここで海外パートと日本パートが繋がってくるのかー、
というワクワク感がありますね。
『新ジャック』に続いてアモンとデーモンの共闘が見られそうな雰囲気です。

そして勇希が敵デーモン、ビビカの反撃を受けたところで次回に続く。
サイコジェニーのインパクトもあり
「目からの光=デビルマンの天敵」のイメージも強いですし
ここをどう切り抜けるのかが気になるところですね。
単純にシレーヌや国軍省の面々に助けられるんじゃ面白くないし
個人的にはもうちょっとアモンの強さを見せてほしいです。

いやー正直ここまでの勇希の戦いっぷりを見ていると
あれだけジンメンがビビっていたアモンなのに
意外にも苦戦が続いているなあ、と思ってしまうんですよ。
今回もビビカに対し「女は殺したくない」と手を緩めた瞬間に
手痛い反撃を受けていますし
勇希の人間としての甘さ、弱さが出ちゃっている気もしますね。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 永井豪 デビルマンサーガ

永井豪 「デビルマンサーガ 第63話」 感想

ジンメンの援軍により足止めを喰らう勇希の戦いが描かれる
『デビルマンサーガ』の第63回。

というわけで今回は混戦の中で
アモンの強さ、ジンメンのしたたかさ、そしてデーモンたちの
特殊能力にスポットを当てたストーリーが展開。

中でも印象的だったのが重力を操ったりするデーモンの特殊能力。
これまでは純粋に力押しで攻めてくるような感じの敵が多かったので
こういう一芸特化の異能バトル的な描写は新鮮だなあ、と。
しかし一度使うと死ぬ能力っていうのも何だか切ないというかアレですね。
ミツバチみたいなもんですかね(適当)。

そんなこんなで次回に続く。
これからは国軍省も巻き込んでバトルが続いていきそうですが
「亀井教授がジンメンとの会話でアモンの強さ、恐ろしさを知ったこと」
が今後のストーリーのポイントになりそうな感じ。
こうなると正々堂々正面から戦いを挑んでくることはないだろうし
彼らしい卑怯な戦略で勇希に揺さぶりをかけていくんじゃないかなあ、と。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 永井豪 デビルマンサーガ

永井豪 「デビルマンサーガ 第62話」 感想

休載を挟んで1ヶ月ぶりの掲載となる『デビルマンサーガ』の第62回。
今月は『牌』『DEVOLUTION』『サーガ』と休載が続いていたので
なんだかすごい久しぶりに感じますね。
『インターバルピース』と『アルターイグニッション』も
終了してしまいましたし。

  

いやーそれにしてもよく考えると
デビルマン、マジンガー、ゲッターの新作が
それぞれリアルタイムで読めている、ってすごい贅沢な時代ですね。
数年前までは考えられませんでしたよ本当。

そんなわけで前回に続いてジンメンとの戦いが繰り広げられた
今回の『デビルマンサーガ』。
背中の甲羅のアレも登場しジンメンらしさがどんどん増してきた感じですが
中でも悪魔・ジンメンの意思がここで初めて表に出てきて
亀井教授と普通に会話をしていたのが印象的なところ。

これは勇希が今までに戦ってきた相手とは明らかに異なるというか
「亀井教授+ジンメン」も「勇希+アモン」も
全く同じ存在として描かれてますよねこれ。
敵も味方も本質的には変わらず
違うのは手に入れた力をどう使うかという点のみ、
というのは『デビルマンレディー』でもあった設定ですが
本作でもそれを前面に押し出している感じだなあ、と。

そんなこんなで次回に続く。
ここ数回の話はバトルメインで本当楽しいので
早く単行本で一気読みしたいですね。

  

そして来年放送予定のアニメ『DEVILMAN crybaby』に合わせてか
『画業50周年愛蔵版 デビルマン』が今月末から刊行開始。
更に雑誌連載時の完全再現と銘打った『THE FIRST』の刊行も決定しており
もう何度目だデビルマンという気もしますが
『THE FIRST』が完全オリジナル版であることをアピールしているので
『画業50周年愛蔵版』は差別化のために
思いっきり改変してくるんじゃないかなあ、と思ったり。

以前の「改訂版」でネオデビルマンを組み込んだ時点で
もう何でもアリだと思ってますし
それこそラストを『激マン!』最終回のジャック誕生ページに
するくらいの大幅改変をしても怒らないですよ自分は。
それくらい別モノにしないと短期間に連続で刊行する意味がないと思いますし。
何はともあれ描き下ろしページもあるらしいので気になるところです。
しかしこうなると数年前に出たばっかりの
「改訂版」の位置付けが怪しくなってきますね……。

しかし『THE FIRST』というクッソダサいサブタイトルは
何とかならなかったんでしょうか。
少なくともオリジナル版至上主義の人にとっては
この名前こそ余計なことしやがって、と感じてしまうと思うんですが。

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 永井豪 デビルマンサーガ

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。
現在はRPGツクールMVで制作中。
ブログでは漫画やアニメの感想とか
いろいろと。

個人サイト
https://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2018/02 (1)

2018/01 (13)

2017/12 (5)

2017/11 (4)

2017/10 (6)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ