SF小説 の記事一覧

メイン 古い記事一覧へ≫

テレビドラマ版 『幼年期の終り』 第3章 子供たち 感想

2016年5月1日に本邦初放送となったテレビドラマ版『幼年期の終り』の
第3章(5話~6話)「子供たち」の感想です。



第三章のサブタイトルは原作の「最後の世代」に対して「子供たち」。
進化した新人類も自分たちにとってはただの子供だ、という
このドラマ版が「滅びる大人たちの傲慢な視点による悲劇」であることが
ここからも浮かび上がってきます。

そんなわけで原作では進化を遂げていく子供を見守る親としての嬉しさと
それを見届けることが出来ない寂寥感、という
諦観と静けさによる美しい人類の最期が描かれていたんですが
ドラマ版では悲劇の部分が異様にフォーカスされ
子供を奪われた大人たちはオーバーロードを恨み、見苦しく抵抗し、
パニック映画さながらに「子供たちを返せ!」と絶叫する展開へとなっています。
そしてニューアテネは核爆弾で大爆発。なんだこれ……。

そしてオーバーロードたちの母星へと行ったジャン(マイロ)も
原作では崇高な覚悟と使命感、責任感をもって実況の任務を果たしたのに
ドラマではただただ混乱するだけで
涙ながらに「人間が生きていた証を残してくれ」と
カレルレンに懇願するという往生際の悪さとみっともなさを見せる始末。
……えーとぶっちゃけ彼まともに実況してません。
終盤の尺がかなりカツカツだったということもあり
(マイロがオーバーロードの母星で目覚めるのがラスト15分前!)
一番観たかったクライマックスが消化試合的に流されてしまったのは正直不満です。
こんな駆け足じゃ余韻も何もあったもんじゃないよ!
第1話のタイトルアバンからずっと引っ張ってこれはさすがに酷いです。

また映画ほどには予算をかけられないテレビドラマの宿命なのか
ふわーっと「浮遊感与えちゃったかな」的に飛んでいく子供たちや
文字通りに真空パックされるマイロには思わず苦笑してしまいました。
これが未来の冷凍冬眠技術なのか……。

あ、ただオーバーロードの宇宙船や母星の描写はかなりしっかりしてますし
オーバーマインドを「真っ白な空間に浮かぶ光の塊」として
ちゃんとビジュアル化してくれたことは評価したいと思います。
いくら陳腐になろうともこういう部分を見せてくれなきゃ
SF作品を映像化する意味はないと思うので。

というわけで要所要所は押さえつつも
大胆なアレンジを加えて映像化されたドラマ版『幼年期の終り』。
いろいろと原作との違いに関して不満を書いたりしてきましたが
「滅びゆく人類の悲劇の物語」として考えると
何だかんだで一本の面白い連続ドラマとして成り立っていると思います。
登場キャラが多く場面転換のテンポが良かったこともあって
6時間ぶっ通しでも飽きずに見続けられたことは事実ですし。

ただここまで主題と視点が外れてしまった本作は
もう『幼年期の終り』じゃないよなあ、という気持ちはもちろんあります。
正直自分が『幼年期の終り』の映像化で一番観たかったのは
クライマックスの全てが吹き上げられ光と共に消えていく美しい破滅の描写なんですね。
はっきり言うとストーリーは二の次で良かったんです(暴論)。
それこそドキュメンタリー番組みたいに語りと映像だけで進めてくれても良かったんです。
古典SFとして手垢が付きまくった『幼年期の終り』を今の時代に映像化するからには
やっぱり人間ドラマより映像的な部分で見せてほしかったなあ、と。

というわけで結論。
『幼年期の終り』の一つのバージョンとしてこういうのがあってもいいと思うよ!
でもやっぱり原作に忠実な映像化も観てみたい!
その時はもちろん映画館の大画面で!
そんな感じです。はい。

  

web拍手 by FC2

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

tag : 幼年期の終り 海外ドラマ

テレビドラマ版 『幼年期の終り』 第2章 偽りの日々 感想

2016年5月1日に本邦初放送となったテレビドラマ版『幼年期の終り』の
第2章(3話~4話の前後編)「偽りの日々」の感想です。



西暦2030年代へと舞台を移してのストーリーが語られる
テレビドラマ版『幼年期の終り』の第2章。
まず目を引くのがサブタイトルが「偽りの日々」と題されているところ。
原作では「黄金時代」(光文社版では「黄金期」)なので
ニュアンスが真逆のものになっているんですね。

そして内容も「黄金時代」が持つ平和で牧歌的なイメージからは遠く離れて
オーバーロードによる支配を喜びつつも疑い、
いまだに言葉を濁して真実を語ろうとしない彼らに対し業を煮やす、という
第1章に輪をかけて不審と不安が渦巻くストーリー。
サブタイトル同様に全体の雰囲気が正反対になっています。

ここでこのドラマ版のスタンスというか主題と視点が分かってきます。

光文社版『幼年期の終わり』の解説文で
巽孝之氏が庄司卓氏の論考を引用して説明しているように
原作ではあくまで「主人公=オーバーロードたち」であり
「淡々としながらも人間と進化を見守る優しい視点」で書かれていました。

ですがこのドラマ版では視聴者の感情移入を重視したのか
「やがて滅びる大人たちの悲劇」の視点で徹頭徹尾描かれているんですね。
だからオーバーロードたちを完全には受け入れられないし
旧時代から続く信仰は捨てきれないし
進化を始めている子供たちのことは理解出来ずに恐怖の対象としか描かれない。
子供たちが能力の片鱗を見せるシーンがポルターガイスト現象そのままだったり
本章のラストシーンが「赤ん坊の目が怪しげに光る」という
あまりにも陳腐なホラー演出となっていることからもそれは明らかです。

そして原作では人間とオーバーロードが互いに友人となって
パーティを開いたり家族ぐるみで交流をしたりしていたんですが
作品の雰囲気にあわせてドラマ版ではそのあたりが総カット。
その影響でオーバーロードの一人、ラシャヴェラクの存在が
無かったことになってしまっているのはちょっと残念なところです。

代わりに1章から引き続き登場するストルムグレンなど
2章以降も原作にはいなかったキャラが多数出てくるんですが
中でも特徴的なのがジャン(マイロ)に想いを寄せる同僚の女性レイチェル。
研究第一の鈍感男マイロにヤキモキしつつも彼に協力する……という
まさかのツンデレラブロマンスがここで勃発です。はい。
アジア系の黒髪の女性であり
「心」の文字が書かれたペンダントをお守りにしている、という彼女の設定は
海外の人にはエキゾチックな魅力に映るのかもしれませんが
このわざとらしいアジア像にはどうしてもしっくり来ない感がありますね。
映画『ハンニバル・ライジング』で
いきなりレディムラサメが出てきた時と同じ違和感です。

そんなわけでいろいろと原作との違いに困惑しましたが
ようやくこのドラマ版の視点やテーマがはっきりし
「最後にして最初の子供」となるジェニファーが生まれたところで次回に続く。
物語はSF史に燦燦と輝く最終章へと入っていくのです。

あ、あとカレルレンが銃で撃たれて死にかけるシーンは
さすがにどうかと思いました。
あれで倒れるのか……(困惑)。

  

web拍手 by FC2

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

tag : 幼年期の終り 海外ドラマ

テレビドラマ版 『幼年期の終り』 第1章 オーバーロード 感想

原作の発表から半世紀以上を経てついにテレビドラマとして映像化が実現した
アーサー・C・クラークの古典的名作SF小説『幼年期の終り』。

とにかく原作『幼年期の終り』は自分が一番好きなSF小説。
先日5/1にAXN Japanで本邦初放送となった一挙放送も
もちろん6時間ぶっ通しでテレビにかじりついてしっかりと見届けたので
さっそく感想を書いていきたいと思います。
例によってネタバレ満載です。



そんなわけで原作の第1部を映像化した
第1章「オーバーロード」(日本放送版では1~2話の前後編)。
いやーもう地球をバックにタイトルロゴが出てきた時点で鳥肌立ちましたよ。
ああ『幼年期の終り』だ! 自分はあの『幼年期の終り』をテレビで観ているんだ!
うーんもう感無量。

そして全体的なストーリーは
オーバーロードの宇宙船の出現、彼らによる紛争や飢餓の解決、
カレルレンと地球代表となったストルムグレンの交流、
「自由連盟」による誘拐事件、と原作の基本的な要素は押さえているものの
世界観やキャラ設定はずいぶん変わったなあ、というのが正直な印象。
中東の紛争や朝鮮半島の情勢について触れられていたり
ストルムグレンがスマホでカレルレンの写真を撮ろうとするところなどは
現代を舞台にするとこうなるんだなあ、といった感じですね。
オーバーロードのせいで人々の信仰と母親を喪った宗教家、ペレッタが
オリジナルキャラとして登場し第2章のラストまでメインを張り続けるのは
ちょっと日本人的には違和感がありますが
このあたりの宗教的な部分はしっかり描かないと
海外の人には逆に変にうつっちゃうのかなあ、と。

そんな中で一番大きな変化が
原作では国連事務総長だったストルムグレンが交渉術に長けた農家の男性
(作中でのあだ名は「ブルーカラーの預言者」)となっているところ。
「再婚を考えているが前の妻のことを今でも忘れられないでいる」などの
海外ドラマでは王道とも言えるような設定も加わって
良くも悪くも主人公として感情移入しやすい等身大のキャラクターになっちゃった感じ。
カレルレンに「政治家はメッセンジャーには向いていない」と
原作を真っ向から否定するようなことを言わせているのはある意味挑戦的ですね。

そしてオーバーロードが人類の前に姿を見せるまでの期間が
原作の50年から15年とかなり短くなっているのも興味深いところ。
恐らくこれは連続ドラマとしての繋がりを重視した結果ですね。
ドラマ版ではストルムグレンは続く第2章、第3章でも登場しますし
原作では第2章での登場となるジャン(ドラマ版での名前はマイロ)が
勉強好きな車椅子の少年、として第1章の時点で早くも登場していたりと
原作と違ってストーリー全体を通して出演するキャラがたくさんいて
連続ドラマとしての統一感を持たせようとしているのがよく分かります。
少年マイロの夢が「オーバーロードの母星に行くこと」なのがニクい演出。

そして約束の15年後、オーバーロードが遂に姿を見せたところで第2章へ続く。
カレルレンの姿に映画『デビルマン』を思い出してしまったのは秘密です。
まあ原作のビジュアルをそのまま映像化するとこうなるよね。うん。

あ、あとタイトルの『幼年期の終り』や
(創元社版では「地球幼年期の終わり」、光文社版では「幼年期の終り」)
地球総督カレルレンの名前などなど
(創元社版では「カレレン」、光文社版では「カレラン」)
固有名詞の表記がハヤカワ文庫版に則っているのが個人的には嬉しかったです。
自分が一番最初に読んだのがハヤカワ版なので
やっぱり一番思い入れがあるのです。

  

web拍手 by FC2

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

tag : 幼年期の終り 海外ドラマ

『3001年終局への旅』の映像化。

リドリー・スコットが「3001年終局への旅」を映像化予定
http://gigazine.net/news/20141104-3001-the-final-odyssey/

2061年「あのっ」

というわけで一足飛んでシリーズ完結編となる
『3001年終局への旅』の映像化が発表されたみたいですね。
個人的にはテレビドラマよりも大スクリーンの映画でやってほしかった気もしますが。

ちなみにSF映画の金字塔として挙げられることの多い『2001年宇宙の旅』ですが
自分は続編『2010年』のほうが好きだったりします。

監督が代わって作風も完全に別モノということで
米ソの冷戦を踏まえたベタベタなエンターテイメントに徹しており
とにかく観ていて面白い+分かりやすく壮大なストーリーになっているのが魅力。

まあダイナミックプロ好きとしては漫画版『ゲッターロボ號』の
「これから一体なにが起こるんだ」
「すばらしいことだよ」
のやりとりの元ネタだというのが一番外せないところなんですが。

……と思ったらダイナミックプロの公式twitterでは
このニュースに触れて『5001年ヤクザウォーズ』の紹介をしていたのだった。
https://twitter.com/mazingo_info/status/529539745311760384
違う! そうじゃない! そっちじゃないんだよ!

   

web拍手 by FC2

R・C・ウィルスン 「連環宇宙」 感想

R・C・ウィルスンの『時間封鎖』『無限記憶』に続く
3部作の完結編『連環宇宙』を読了。

今回は精神科医サンドラを主人公とする現代パートと
一万年後、仮定体との接触を望む人々が地球へ向かう未来パートが交互に語られる構成。
特に未来パートは前作同様にタークやアイザック少年が主人公となり
単体での作品というより『無限記憶』の完全な続編といった印象。
『無限記憶』と『連環宇宙』は一気に読んで正解だったなあ、と。

また『無限記憶』では単なる背景設定の1つでしかなかった
タークの過去の放火や父親フィンドリーの工場が本作の大きな鍵になっており
更に「放火に巻き込まれて死んでしまった警備員」という
完全にどうでもいい立ち位置だと思われた人物が未来を担う超重要キャラとなるなど
細かい設定まで余すことなく拾ったまさに完結編に相応しい内容。

そして何と言っても本作の肝はラスト数十ページの最終章。
意識の拡散により神の如き力を得たアイザック少年により語られる全ての謎、
スティーヴン・バクスターのジーリーシリーズ完結編
『虚空のリング』のクライマックスを思い起こさせる虚無的な宇宙の終焉。
しかもそこで終わらず
まさに「宇宙が連環」するエンディングになだれ込む展開と
圧倒的なスケールとビジュアルを提示しながらも
しっかりと二つの歴史が現代の地球で重なり合う流れは鳥肌モノ。いやあ大満足。

ただ『時間封鎖』からの謎だった仮定体の目的や正体は
暫定アーチ=単なるエラーチェッカーなど
やけに機械的、現実的、あるいは冷徹なもので無難にまとめられてしまった印象も。
(『無限記憶』での自意識うんぬんのゴタゴタは何だったんだ、と思ってしまうくらい)
自分としては『幼年期の終り』のオーバーマインドのように
オカルトの領域に突っ込んででも人知を越えたものを描いて欲しかったんだけど
そのあたりはもう個人の好みなんだろうなあ。

   

web拍手 by FC2

テーマ : SF小説
ジャンル : 小説・文学

tag : SF小説 連環宇宙

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/10 (4)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ