アニメ映画 の記事一覧

メイン 古い記事一覧へ≫

映画 「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」 感想

というわけで現在公開中の映画
百日紅 ~Miss HOKUSAI~』を観てきました。
原作が短編連作で分かりやすい山場のあるストーリーでは無いこと、
群像劇的な性格が強い作品にも関わらず
「北斎の娘が主人公!」と微妙に見当違いの謳い文句で宣伝していることなども含めて
映像化する理由があんまり無いんじゃないかなあ、と思っていたんだけど
蓋を開けてみるとこれがまた面白かったです。はい。

特に江戸の町を行き交う人々の喧噪、
ダイナミックな構図で魅せてくれる俯瞰での町並み、
船で橋の下をくぐる時の視点の動きなどはまさに劇場クオリティ。
普通のTVアニメだったらここまでの画面作りは出来なかっただろうし
予算をふんだんに使った劇場作品にしたのも観れば納得納得。

そしてストーリーは原作の「龍(第5話)」「鬼(第9話)」「色情(第19話)」
「離魂病(第20話)」「野分(第28話)」などのエピソードを中心に
火事見物をするお栄、ラスト直前で名前だけが登場する滝夜叉など
他の話からも細かいネタを拾って再構築している展開。
アニメにして映える怪異的な部分をメインにしながらも
各エピソードから満遍なくネタを集めて一本の映画として成り立たせているのは
実力派の原監督の構成力の高さを感じさせてくれるところだね。

ただ個人的に原作の面白さっていうのは第1話の生首に始まって
「ほうき(第2話)」「再会(第13話)」「夜長(第29話)」
あたりの話に見られるような
・死人に対するどこか飄々としたスタンス
・現在よりも死と生の境目が曖昧だった時代ならではの人々の描写
にあると思っていたので
そのあたりのエピソードがごっそり削られてしまっていたのが残念なところ。
尺や表現上の問題があったのかもしれないけれど
「お猶の死」をクライマックスに持ってきているんだし
そこまでの流れとして死体が出てくるエピソードは
余さずがっつりと映像化してほしかったなあ。

また徹頭徹尾お栄の視点で語られる長編作品にした弊害か
原作ではメインを張る話も多かった善治郎や国直が
かなりワリを食っちゃっていた印象。特に国直はキャラ変わっちゃってる感じ。
また雪遊びなどのお猶のオリジナル話を増やしたせいで
そこだけが妙に現代的な(ベタな)演出になっており
「あれ? お猶が病気になったのってお栄が連れ回したせいじゃね?」
みたいに思えてしまう流れになってしまっているのも
ちょっと気になったところかなあ、と。

あ、あと長編映画としてそれっぽいエンディングが必要だった、
というのは分かるんだけど
ラスト5分は完全に蛇足だったと思います。
っていうかスカイツリーが悪い意味で全部持っていっちゃった感じ。
謎のサブタイトル「~Miss HOKUSAI~」もそうだけど
世界に向けて東京アピール! みたいな打算があるんですかねこれは……。

というわけでいろいろと気になった点はあるけれど
しっかりと一本の映画として楽しめた本作『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』。
ただやっぱり90分という尺の短さがもったいないなあ、と。
それこそ3~4時間くらいかけてもっとじっくりと江戸の町に浸っていたかったわ。

   

web拍手 by FC2

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ感想 百日紅

映画 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 感想

というわけで観てきました映画ドラゴンボールZ『復活のF』。
映画は上映期間ギリギリにスッカスカの館内で観るのが好きなんですが
今回は入場者特典で鳥山明書き下ろし脚本「ドラゴンボール巻『F』」が
貰えるということで早々に映画館へ。
いやーハマってるわー。まんまと特典商法にハマってるわー。

 20150426.jpg

『帰ってきた孫悟空と仲間たち』『神と神』などの近年の新作は
「あのドラゴンボールが戻ってきたぞ!」みたいな感じで
オールキャストのお祭り、という性格が強かったけれど
今回の『復活のF』は登場キャラをかなり絞ったバトル展開に特化しており
かつての東映アニメフェア作品に近い雰囲気になっていた印象。
ナメック星編でほぼ傍観者だったヤムチャや餃子はともかくとして
フリーザとの因縁を考えるとトランクスや悟天の出番は欲しかったなあ、と。

そしてバトルアクションがメインの映画ということで
フリーザ軍1000人とZ戦士たちとの集団バトルは迫力満点の展開。
ドラゴンボールでこういう集団戦はあまり無かったし
とにかく1シーンの情報量が多いから何度でも観たくなるところだね。

また予想外に嬉しかったのが『銀河パトロール ジャコ』のジャコの出番が多く
戦闘面でもトリッキーな戦い方で魅せてくれていたところ。
立ち位置的に一人だけ浮いたゲストキャラになりがちな彼が
しっかりとドラゴンボール世界のキャラとして違和感なく溶け込んでいるのは
脚本:鳥山明ならではだね。
ほんまクリリンさんのコミュ力は五臓六腑に染み渡るわー。

しかし悟飯、クリリン、ピッコロ、天津飯、亀仙人、ジャコというのは
微妙に理解に苦しむメンバー選出だなあ。
よく考えると悟飯以外全員ハゲじゃないか! かのナッパ戦を思い出すハゲ祭り。
鳥山先生の「作画が楽」という無意識がそうさせたのか?

そんなこんなで前半は楽しめたんだけど
悟空たちが到着してからの後半は所々にチャチャが入る展開が引っかかるというか
状況のシリアスさと鳥山脚本が噛み合っておらず
いまいちストーリーに乗り切れなかったという印象。
特に今回のフリーザ様は「真面目にトレーニングをして強くなった」という
まるで善玉側のような設定だったために
「チートな敵を主人公たちが正々堂々と倒す!」的な
カタルシスを感じる余地が全く無かったのが問題じゃないかなあ、と。
しかし戦闘力130万っていうのはどこから出てきた数字なんだろうか……。
戦闘力に言及したのはファンサービスのつもりなのかもしれないけど
せっかく『神と神』で気で計れない強さを提示したんだから
その設定を活かしたままにして欲しかったなあ。

また導入部のピラフ一味とのやり取りやウイスとの修行シーンに
かなりの尺を割いていたのに対して
終盤の流れがかなり唐突であっさりしていたのも気になるところ。
上映時間も映画としては短めだし
『神と神』同様にディレクターズカット商法がありそうだねこれ。うーん。

というわけで個人的には『神と神』のほうが統一感のある雰囲気で好きなんだけど
とにかく最新の作画でフリーザ様が復活したというだけで満足してしまった部分も。
つまらなくはないよ! むしろ面白いよ! でも『神と神』のほうが好きだよ!
そんな感じ。

あ、あといろいろ言われているももいろクローバーZによるED。
ぶっちゃけ曲としては好きじゃないんだけど
何でもかんでも「DB=チャラヘッチャラ」な風潮には正直嫌気が差していたので
新曲を持ってきてくれた、というだけで評価したいです。はい。

前作『神と神』の感想はこちら

   

web拍手 by FC2

テーマ : ドラゴンボール
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ感想 ドラゴンボール 復活のF

映画 「劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」 感想

「ゲゲゲの鬼太郎」第5期アニメシリーズの劇場版として上映された
映画「劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」を今さらながらに視聴。
TV版はちょこちょこ観てたんだけど劇場版はそう言えば未見だったなあ……。

……と軽い気持ちで観てみたんだけど何だこれすげえ! 超面白え!
もっと早く観ておけばよかった! 大後悔! 5年前に戻りたい!
プレミア価格で単行本揃えたら「ゲゲゲの女房」効果で全部復刊された苦い記憶が蘇る!
どうでもいいけどPS2の鬼太郎SLGはウインキーソフトの最高傑作だと思う。

そんなわけで映画「~日本爆裂」、見所を上げればきりがないんだけど
やっぱり近年の映画らしいハイクオリティな作画と
全員集合のお祭り騒ぎ、集大成的な雰囲気のワクワク感が何よりの魅力。
本筋とは関係ない海外の妖怪たちもしっかり登場してくれたし。
鬼太郎を叱咤激励したりベアード様に勝ち誇ったりと
ぬらりひょんの超ツンデレっぷりがたまらんね。

またバトルアニメとしての性格も強かった第5期だけに
全編に散りばめられたアクションはどれもこれも大迫力。
大逆転のカタルシスを味わえる鏡爺戦からヤトノカミ(復活前)との一騎打ち、
そして復活したヤトノカミとの空中戦までグリグリ動く戦闘シーンが満載。
四十七士や地獄の鍵といった5期アニメのオリジナル要素も出し惜しみ無しで
まさに映画に相応しい大スケールの総力戦。

そして90分映画とは思えないほどの密度の濃いストーリーも魅力。
特に華を孤立させるための大がかりにして回りくどいトリックが明かされたり
ねずみ男が鬼太郎を復活させるために一芝居打ったりする中盤の構成は見事の一言。
敵も味方も視聴者をも翻弄するねずみ男は本作の影の主役だねこれ。
敵味方キャラが複雑に絡む展開と分かりやすい正統派のストーリーは
脚本/監修を務めた三条陸/京極夏彦両氏の作風が絶妙なバランスになってる感じ。

そして忘れちゃいけないのが導入部の鬼太郎アニメ40周年記念映像。
何だこの超豪華メンバー! 歴代鬼太郎の勢揃いとか鳥肌立ちまくり!
4期の決めゼリフ「君の後ろに黒い影」が出てきたりとまさに感動モノ。ああ懐かしい。
「すごいメンバーで気後れしちゃって…」は高山みなみさんの本音なんじゃないかな。
やっぱりねずみ男の色は3期が一番しっくり来るなあ。

ただ一つ気になったのが鬼太郎と本作のヒロイン、華の関係。
どうも鬼太郎が華に入れ込みすぎのような気がするんだよねこれ。
悪人である強盗たちを半ば見捨てることで
「あくまでも中立の立場である鬼太郎」を表現していただけに
「特定の人間に肩入れする鬼太郎」はちょっと違うかなあ、と思ってしまったり。
結果としてネコ娘がかなり割を食った感じになっちゃってるし。

それにしても女性キャラがことごとくエロすぎるんですがいいんでしょうかこれ。
……あ、よく考えたらTV版もエロかったわ。
ネコ娘セレクションDVDなんて出すスタッフは間違いなく確信犯。

 

web拍手 by FC2

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ感想 ゲゲゲの鬼太郎

映画 「ドラゴンボールZ 神と神」 感想

上映開始からそろそろ1ヶ月になりますが
ようやく観てきました映画「ドラゴンボールZ 神と神」。
当時小学生で「DBとダイ大だけ見せてー」とやっていたリアルタイム組としては
あのドラゴンボールが完全新作で映画館に帰ってきた! というだけで感無量の大満足。
予告だけで鳥肌モノだわこれ。

そんなわけで完全に思い出補正が入っているわけだけど
いやあ面白かったわ今回の映画。
寝起きのビルス様の仕草や「26分=テレビアニメ1話分」などのセリフ、
そしてピラフ一味のウ○コ落書きネタなどは完全にDB初期の雰囲気。
界王様の「最近の趣味はドライブ」みたいな
細かいネタを拾ってくれているのも地味に嬉しいね。
界王星の小ささやフリーザの行為に理屈を付けたのも
設定の摺り合わせというよりファンサービス的な意味合いが大きいんじゃないだろうか。

そして設定的にもストーリー的にもベジータが大活躍してたのが印象的。
絵的には完全にギャグだった「ビンゴ! ビンゴ! 楽しいビンゴ!」を
悟空やビルス様が「尊敬した」と評価するあたりは完全に目から鱗が。
良くも悪くも少年漫画のインフレバトルに多大なる影響を与えてしまったDB自身が
こういう形の強さや格好良さを提示したというのは
もうそれだけで価値のあることなんじゃないかと。
スーパーサイヤ人ゴッドやビルス様の気を感じられなかったり
ベジータが一瞬とは言えスーパーサイヤ人3を超える力を見せるというのも
今まで戦闘力一辺倒だった強さの基準に一石を投じた感じ。
ラストが「まだまだ強いヤツがたくさんいる~」みたいな形になるのも
初期の天下一武道会みたいでワクワクするわ。

また中盤から本格的に始まるビルス様との戦闘シーンは
CG作画ならではのぐるぐる回る空中戦などさすが劇場版! と唸ってしまうほどの大迫力。
個人的には戦場が荒野に移るところでお馴染みの怪獣キャラがいたのが嬉しかったり。
DB終盤は世界観が現実の地球に近づいちゃってた感じもしたから
ああいう怪獣みたいなのがちゃんといるっていうのがなんか安心するね。

ただ尺の都合なのかビルス様にやられるだけのキャラが多く
特に本作の元凶(?)とも言えるデブブウのフォローがなかったのが残念なところ。
ビルス様とブウはある意味似た者同士だと思うし
もっとこのあたりのサブキャラの絡みやドタバタを見たかった感じ。
「サイヤ人が1人足りない!」のあたりが少し冗長だったから
あそこらへんを削ってラストの尺に回してもよかったんじゃないだろうか。
デンデや神コロ様、学者になった悟飯などの頭脳派キャラが何人もいるのに
誰一人として気付かないのはどうなのよっていう。

そして気になるのが次にビルス様が目覚めるのが「3年後」と明言されていたこと。
純粋ブウ消滅~原作最終話までの10年に入る余地はまだまだあるし
もし今後もシリーズが続くようなら今度はビルス様と共闘してほしいなあ、と。

しかしスタッフロールの名(迷)場面集がファンにはたまらんね。
別に主題歌は「CHA-LA HEAD-CHA-LA」にこだわる必要はなかったような気もするけど。
ブウ編に入ってからは主題歌も変わってるし
TVの特集なんかで「CHA-LA HEAD-CHA-LA」が代名詞みたいに使われてるのには
ちょっと違和感があったりするんだよね。
アレンジもいいけど「~改」みたいに新曲も聴きたかったわ。

あと本作一番の萌えキャラはどう見てもビルス様。これだけは譲れん。

   

web拍手 by FC2

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ感想 ドラゴンボールZ 神と神

映画 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 感想

というわけで遅ればせながら観てきました映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。
小学生の頃に旧劇ブームの洗礼を受けてどっぷりハマった身としては
「まさか十数年経ってもエヴァの映画観てるとは思わなかったわー」と
結構冷めた目で見ていられる部分があったり。

ストーリーは4部作の3作目ということで完全に「次回に続く」形になっており
「導入部のコンテナって超立方体じゃん! 漫画『度胸星』のテセラックじゃん!」
「『ヱヴァQ』のQはQ方向のQだったんだよ!」
「『度胸星』で『赤い大地』ならこれラストは火星に飛ぶんじゃね?」
などなどまあいろいろ言いたいことはあるんだけど
細かい考察はいろんなところで語られ尽くされてしまった感もあるし割愛。

というわけで以下、グダグダと。

---------------------------------------------------------------
ここからは個人的な見解になるが、
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は「落とし前を付ける物語」だと認識している。
90年代以降のアニメを思弁的、内面的な流れに持っていった責任を取り、
(余談だがその後『機動戦艦ナデシコ』によって
正統派ロボットアニメを当てこする流れは完成してしまうこととなる)
エヴァンゲリオンを単なるロボットアクション・エンターテイメントとして回帰させる。
そうした意図を節々から感じるのである。

実際に「序」そして「破」では各キャラの「物事の受け取り方」を変えることで
全体的な展開をマイルドで分かりやすいものへとしているし、
TV版及び旧劇場版では最終的に狂言回しとなった綾波レイを完全にヒロインと位置付け
「破」ラストで高らかに「綾波を返せ」とシンジに宣言させている。
それらを考えても「純粋なエンターテイメント」を目指していることは明白である。

さて、そして今回の「Q」である。
本作は一見、フラストレーションの溜まる演出を増やしており
「破」までとは大幅に様相を変えているように見えるが
その本質は「序」「破」とさほど変わっていない。

それは、エンターテイメントを目指す上で邪魔な存在になってしまった「昔のエヴァ」を
完全に切り捨てることを目的としている点である。
あくまでも過去のリメイクにすぎなかった「序」、
異分子として捉えられかねない新キャラを登場させた「破」、
その流れを受けた今回の「Q」では遂に既存キャラのデザインを大幅に変え、
時系列を一気に飛ばすことによって全く異なる世界観を提示している。
こうした段階を踏んだ変化を考えれば「Q」の流れは決して唐突なものではない。

そのような「過去を断ち切ること」は
新しいことをしなければ前に進めない(カヲル)
世界は可逆的なものではない(冬月)
などの台詞に代表されるように作中の節々に見られる。
本作のテーマがここにあることはほぼ間違いないであろう。

終盤においてシンジは「世界を昔のものに戻すこと」に固執し
結果として巨大な過ちを犯してしまう。
そしてアスカはそんなシンジを「ガキ」と連呼して罵倒する。
過ちを犯したシンジはアスカに背を向け、だだっ子のような態度を取る。
このあたりからは「14年も経って昔のエヴァに拘ってる奴はみんなガキなんだよ」
的なメッセージをひしひしと感じるのである。

そして本作のラストにおいて
シンジはこれまでキーアイテムとされていたウォークマンを捨て、
「前の綾波レイ」に囚われていた本作のレイは
自分の意思で生きることを選択し歩き出している。
この二つは「過去を捨て前に進むこと」の象徴だろう。

「Q」は舞台設定やキャラの年齢を大幅に変えてはいるものの
カヲルとの交流やその死、エヴァとシンジを用いたインパクトの発動など
旧TV版20話~24話及び旧劇場版を意識した部分は多々見られていた。
しかしここから先は誰も知らない未知の領域に突入するのである。

つまりここで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は
ついに過去作「新世紀エヴァンゲリオン」からの脱却を果たしたのである。
もう過去を振り返る必要はない。
待っているのは新世界の物語だけである。
そんなわけで続く完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」は
タイトルに反復記号を内包しながらも
リピートを否定する話になるんだろうなあ、と予想してみたり。

というわけで監督のメッセージを真摯に受け止めなければならない
旧劇場版リアルタイム組としては
「当時小学生だったガキも立派な屁理屈をこねる大人のガキになりました!」と
こんな長文を掲げて開き直るしかないのである。てへぺろ。

   

web拍手 by FC2

テーマ : ヱヴァンゲリヲン新劇場版
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ感想 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/09 (7)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ