造幣局の「ゲゲゲの鬼太郎アニメ化50周年貨幣セット」が届いたよー。

以前に注文していた
『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメ化50周年を記念して発行された
記念貨幣セットが届きました。

 IMG_20180626_144219s-.jpg

ゆうパックでの発送ということでコンパクトにまとめられた包装。
品名が「ゲゲゲの鬼太郎セット」なのもオツなものです。

 IMG_20180626_144858s-.jpg IMG_20180626_144832s-.jpg
 IMG_20180626_144656s-.jpg IMG_20180626_144743s-.jpg

そして中身はこんな感じ。
こういう記念硬貨を購入したのは初めてなんですが
いやーすごい豪華ですね。
硬貨は透明ケースにはいっておりケースも厚紙。

 IMG_20180626_145035s-.jpg

背表紙にもちゃんと文字が書かれているので
こんな感じで本棚にしまってもしっかりと存在感があります。
記念の保存版に相応しいですね。ファンアイテムとしても大満足です。

ちなみにこちらは2400円の通常版。
プレミアム版とも言えるプルーフ貨幣セットは
銀メダルや革製ケース付でかなり魅力的だったんですが
さすがに1万円超には手が出せませんでした。

  

web拍手 by FC2

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ゲゲゲの鬼太郎

漫画「くーねるまるた」のオイルサーディンを作ってみたよー。

新シリーズ「ぬーぼ」も好評連載中の食べ物マンガ「くーねるまるた」の
単行本第1巻に出てきたオイルサーディン料理を作ってみました。

「賞味期限が過ぎたほうがオイルがしみて美味しくなる」という
盲点というかコロンブスの卵のような理屈がずっと気になっており
一度は試してみたかったものです。

とは言っても今のご時世では
賞味期限が切れた食品を買うことはかなり難しいです。
作中では個人商店で常連のお客さんが取り置きしていましたが
地元の個人酒店はここ10年ほどでほとんどが閉店したり鞍替えしたりで
残っているのはチェーン店のみ。
もちろん賞味期限切れの商品など取り扱っていません。

で、自分はどうしたかというと。

我々は3年間待ったのだ!

 IMG_20180405_111009.jpg

というわけでこちらが3年ほど前に購入したオイルサーディンになります。
大体のことは時間が解決してくれるのです。

そしてせっかくなので今回は買ったばかりのものも用意。
オイルサーディンにはあまり馴染みがないので
この機会にじっくりと比較してみようと思います。

 IMG_20180405_111241.jpg

まずは開封。
写真を思わず無加工のままUPしてしまったのでサイズがやたらと大きいですが
左の賞味期限切れのほうが汁の色が濃く、鰯本体も膨らんでいるのが分かります。
まさか見た目でここまで違いがあるとは思いませんでした。正直びっくりです。

 IMG_20180405_111413s-.jpg

そして作中同様に鷹の爪と一緒にトースターで温めてレモン汁と醤油でいただきます。
味自体はもちろんそんなに極端な違いはないんですが
確かに賞味期限が切れたほうが箸で掴むと崩れるような感じがあって
しみてる気はするなあ、と。
何にせよそのまま食べるには脂分がけっこうキツいので
レモンの酸味が苦手じゃなければレモン汁はたっぷり入れたほうがいいですね。

あ、それと缶が温まる前に鷹の爪が真っ黒に焦げました。
漫画のように上にちょこんと載せたほうがもちろん見栄えはいいんですが
焦がしたくないのなら油の中に沈めちゃった方がいいと思います。

 IMG_20180405_114655s-.jpg

そんなわけで微妙な違いを楽しみつつ食べ進んでいきましたが
さすがにこのまま2缶を完食するのはキツいので
残りはキャベツと合わせてスパゲッティにしてみました。
オサレな言い方をすると春キャベツのパスタです。もう初夏だけど。

あ、それとオイルサーディンの油でニンニク炒めたらすっごいいい匂いしたの。
マジオススメ。超うまい。ごちそうさまでした。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

tag : くーねるまるた オイルサーディン

「エヴァンゲリオン展 2017 in 仙台」に行ってきたよー。

先日10/22まで地元のEBeanSで開かれていた
「エヴァンゲリオン展 2017 in 仙台」に行ってきました。
なかなか時間が取れないうちに最終日になってしまい
しかも台風の前日で大雨という状況だったので電車での会場入りです。
普段は自転車で行けるんだけどなあEBeanS。

それにしても新劇がメインなのに「ヱヴァンゲリヲン」表記じゃなくて
「エヴァンゲリオン」表記なんですねこの展覧会。
でも次回のシンエヴァはまた「エヴァンゲリオン」に戻ってるんだよなあ。
などなど細かいことを思いつつも入場。

 IMG_20171022_132228s-.jpg

 IMG_20171022_132250s-.jpg

いやー予想以上に面白かったです。
作品の概要やストーリー、キャラ紹介といった基本的な部分は
最小限の説明に留まっており
大量の原画や絵コンテを展示物のメインにして
「新劇場版がどうやって作られているのか」というのを柱にした
ストイックで一見さんお断りな雰囲気の展覧会。
想定している年齢層はちょっと高めというか
メインは「新劇」ですが旧劇からのコアなファン向けなんじゃないかなあ、と。
クリエイターを意識したような文面も多く見受けられましたし。

中でも『破』の第8使徒戦にスポットが当たっており
モーションキャプチャから本編映像が完成するまでの流れを
しっかりと確認できたのが面白かったところ。
第8使徒戦で走るエヴァが3DCGで描かれている、というのは
当時もかなり話題になっていましたが
アナログのコンテの上でデジタルのCGがぐりぐり動いてるのはすごい新鮮でした。
ほえーこうやって作るのかー。
それにしても10年近く経つのにこの一連のシーンは今見てもすごいですね。
CGでこれほどの重量感を演出してくれたアニメは他に何本あるか。

そして会場のショップでは缶バッチガチャをはじめとして
クリアファイルやポストカード等をちょこちょこと購入。

 IMG_20171023_081517s-.jpg

仙台限定の缶バッチガチャ(ゆるしと政宗)を
一発で当てられたのは非常に嬉しいです。
でもポストカード1枚270円は足元見すぎだと思うの。

あ、それと個人的に最大の罠だったのが
ショップでは5000円以上買わないとクレジットカードが使えないことでした。
メイン移動手段が自転車なんで普段はあんまり現金持ち歩かないんですよ。
途中で会計やめてもらってレジの人ごめんなさい。
 
そんなわけで予想以上に楽しめた「エヴァンゲリオン展 2017 in 仙台」。
旧劇をリアルタイムで体験した面倒臭いファン自分も大満足です。

あ、それと『破』までの流れを強引に断ち切ったことで賛否両論の『Q』ですが
自分は『Q』は大好きなんですよ。本当続きが楽しみです。
アレくらい変えてくれなきゃ新作でやる意味はないと思ってますし。

映画 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 感想
http://tktkgetter.com/blog-entry-512.html

ブログでも『Q』の感想は書いていますね。
いやーそれにしても『序』(2007年)と『破』(2009年)の時は
まだこのブログも開設してなかったんですね。
思えば遠くに来ちゃったなあ。
 
   
 
そんなこんなで現在進行形でいろいろと動いているエヴァ界隈ですが
まずは来月ついに刊行されるANIMAからですね。
いやーこれもずいぶんと待たされましたね。
まあ足かけ19年かかった貞本エヴァに比べれば何ともないです。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 新世紀エヴァンゲリオン
ジャンル : アニメ・コミック

tag : エヴァンゲリオン

石黒正数 「木曜日のフルット 6巻」 感想

基本的に毎回2ページ掲載で密度の濃いエピソードが展開する
『木曜日のフルット』の単行本の第6巻が発売。
連載も8年目を迎えてすっかりチャンピオン誌の巻末を飾る
大御所の長期連載になった感じですね。

そんな今回の単行本も
共感出来る部分がある「スケールの巻」「白川先生の巻⑮」、
正当派ホラーの「森のひみつの巻」、皮肉の効いた「平和の巻」や
しみじみとしたオチが魅力の「ウソの巻」「デンの巻③」など
2ページの中にいろいろなジャンルが組み込まれており
どこから読んでも変わらぬ面白さを楽しめる一冊、といった印象。

個人的には「合羽ちゃんの巻」での合羽ちゃんのエグい戦い方や
キャラが確立している長期連載ならではのオチが魅力の
「ハッピーハロウィンの巻」などがお気に入りです。

そんなこんなで鯨井先輩&フルットのダブル主人公的な部分はそのままに
登場人物も少しずつ増えている『木曜日のフルット』。
7巻はまた1年以上先になるだろうけど
ゆっくりじっくり待つことにします。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 木曜日のフルット

石ノ森章太郎/村枝賢一 「新仮面ライダーSPIRITS 15巻」 感想

牢獄でたった一人大首領へと挑む結城丈二=ライダーマンの戦いが描かれる
『新仮面ライダーSPIRITS』の第15巻が発売。

というわけで今回は前巻から続く大首領とライダーマンの戦いの中で
結城丈二の過去とデストロンへの思いが明らかになる……という展開。
限りなく全知全能に近いがゆえに進化=可能性を持たず
自分の知識に無いものに対する反応が鈍くなる……というのは
『真マジンガーZERO』のZEROなんかに近いものを感じるなあ、と。

また結城がデストロンの思想自体は否定しておらず
いまだに恩義と忠誠を感じていたり
大首領が彼の「孤独」にシンパシーを感じる描写があったりと
「敵組織=単純な悪」の図式が揺らぐような掘り下げがあったのも今回の特徴。

デッドライオンが妙に人間味あふれるキャラとして描かれたり
BADANが大首領に反旗を翻したりしたあたりからだと思うんですが
どうも村枝賢一氏の怪人や敵組織への思い入れの強さが出ているというか
ここ数年は敵側のほうがなんだか活き活きしてますね。

個人的には第1部や第2部みたいに
分かりやすい勧善懲悪! みんなのヒーロー仮面ライダー!
を貫いちゃっていいと思うんですよ。
話が長くなって複雑になってくると
良くも悪くも「分かりやすい悪」を描きにくくなるというのは分かるんだけど
もっと単純なヒーロー漫画でいいんじゃないかなあ、と。うーん。

そんなこんなで次回に続く。
あとは10人ライダーが全員集合して最終決戦、のはずなんですが
そう簡単にはいかない感じですね。
何はともあれ最後までしっかりと描ききってほしいです。はい、

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 仮面ライダーSPIRITS

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。
現在はRPGツクールMVで制作中。
ブログでは漫画やアニメの感想とか
いろいろと。

個人サイト
https://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (7)

2018/05 (2)

2018/04 (1)

2018/03 (9)

2018/02 (2)

2018/01 (13)

2017/12 (5)

2017/11 (4)

2017/10 (6)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ