艦これの2017秋イベ(丙難易度)が終わったよー。

くぅ~疲れましたこれにて完結です!

 Screenshot_20171211-084717s-.jpg

というわけで本日まで行われていた艦これの2017年秋イベ
「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」ですが無事にクリアしました。
難易度はいつものように乙乙丙丙。
丙なら支援を使わなくても危なげなくクリアできますね。

資源にもかなり余裕が出てきたので
恐らく今の戦力なら乙で最後まで行けると思いますが
支援システムを使いたくなかったので丙難易度で妥協しました。

いやー前にも書いたかもしれませんが
本当に支援システムが苦手というか大嫌いなんですよ。
・遠征との兼ね合いで小まめな編成変更が必要
・発動しないまま道中撤退しても資源は消費
・確実に発動させるにはキラ付けが必須
などなどの仕様のため面倒さに対してリターンが見合わないというか
本当に「手間をかけさせるためのシステム」にしか思えないんですよアレ。
支援使うくらいなら丙難易度で行くってくらい嫌なのです。

ちなみに今回のイベントは難易度よりもギミックが話題になっていましたが
丙難易度は解除条件が緩めなこともありそのあたりは別に気になりませんでした。

それよりも
・雰囲気作りのための何も起こらないマス
・空襲マス
・資源消費の少ない夜戦マス
などなどがこの1~2年でどんどん追加されて
一度の出撃にかかる時間が右肩上がりになってるほうが気になりますね。
このあたりは試行回数でぶん殴るゲームデザインに全く合ってないと思うんですよ。
1回の出撃で10分前後かかりますからね。2回出撃でアニメ1話観れますよ。
「消費資源を少なくしたから道中戦闘が増えてもいいよね!」
とか考えてるんだったら頭おかしいとしか思えません。

とまあいろいろ言いたいこともありますが
丙の適度な難易度が性に合っていることもあり
何だかんだで2年以上続けているのです。

そして今回のイベントではもう一つ大きな収穫がありました。
艦娘コンプ達成です。

いやーやりました。
今回の新規艦娘に加えて雲龍&葛城がドロップしてついに達成です。
自分が艦これを始めたときの最終目標が艦娘コンプだったんですが
まさか2年以上かかるとは思いませんでした。
というわけでもし今から艦これを始める人がいたら
最低でも艦娘コンプには2~3年は見積もっておいたほうがいいと思います。
大型建造や設計図との兼ね合いもありますし。

まあそのあたりは来年稼働予定の2期で緩和される可能性もありますし
そっちがどうなるかは様子見ですね。はい。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ

「アンク ツタンカーメンの謎」の攻略本を購入しました。

数年前にこのブログで取り上げ攻略記事も書いている
Windows95時代のPCゲーム「アンク」シリーズ。

ブログカテゴリ:アンク|とかとか。
http://tktkgetter.com/blog-category-40.html

こちらは全3作のうち2作目「ツタンカーメンの謎」だけが
コンシューマー機に移植されているんですが
このPS/SS版の攻略本をつい先日購入したので紹介したいと思います。
かれこれ5年ぶりとなるアンク記事です。

 IMG_20171105_135201s-.jpg

というわけでこれがその攻略本。
薄いです。ペッラペラです。奥付まで含んでわずか64ページです。
本棚に置くと完全に埋もれてしまいます。ウォーリーをさがせ状態です。

 IMG_20171105_135150s-.jpg

ちなみに定価は1050円(当時の消費税5%)ですが
マイナーゲーの攻略本ということで数が出ていないのか
Amazonのマケプレや各オークションサイトでの相場は1500円前後と
微妙にプレミアがついているようです。
この中途半端な価格が購入に二の足を踏んでいた理由でもあります。

 IMG_20171105_135230s-.jpg

本の内容はこんな感じ。簡単なフローチャートのほか、
場所ごとに「ここで何をすべきか」が載っており
地味ながらもしっかりと役立つ王道の攻略本、といった印象ですね。
「冒険日誌」というコラムの形で主人公の独白コーナーがあり
ちょっとした読み物としても楽しめる感じです。
 
 IMG_20171105_135251s-.jpg

そして何と言ってもこの攻略本の見所は
全6ページに亘る巻末の吉村作治氏のロングインタビュー!
ゲーム本編でも主要キャラの一人だった教授が
ここでもしっかりと存在感を見せつけてくれます。

で、そのインタビューの内容なんですがこれがまた本当にすごいです。
今まで読んでなかったのが惜しまれるくらいに濃い内容がてんこもり。
発掘調査の夢、ロマンを語りつつも
「いい作品を作っても広まらなければ意味が無い」
「多くの人に遊んでほしいからコンシューマー発売に踏み切った」
「死んで100年後に評価されても意味がない」
などクールに現実を見据えている部分もあり
最前線で活躍している教授ならではの発言だなあ、と。
実際に「ツタンカーメンの謎」でも
発掘調査をする資金が無くなってのゲームオーバーがありましたし。

 IMG_20171105_135313s-.jpg

そして当時開発中だった「アンク3 ラムセス大王の謎」の話に加えて
更なる続編の展望についても語っており
「来年は確実にアンク4を作る」「全10作くらいの展開を考えている」
などなどの衝撃的な言葉も飛び出してきてもうびっくり。
マジですか教授! そんな熱い構想があったんですか! 見たかったなあ……。

 IMG_20171105_135334s-.jpg

ネバーギブアップ!!

そんなこんなで予想以上にいろんなことが書かれていた
「アンク ツタンカーメンの謎」の攻略本。
こんなに濃い情報が載ってるんだったら
もっと早く手に入れておくべきでした。大満足です。

  

あ、ちなみに上の広告にもあるように
Amazonのマーケットプレイスでは「アンク2」が5000円で出品されており
そんなアホな値段を付けるのは誰だ、と思っていたんですが
どうやら商品説明を読むと未開封・未使用のソフトらしいです。
そんなものがまだ残ってたのか……!!
当時のPCゲームは1万円以上が普通だったし
もしかして新品同様なら5000円は妥当な価格なのか……?

web拍手 by FC2

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

tag : PCゲーム アンク

「艦これ」×「三越」コラボのカレー缶セットが届いたよー。

というわけで先日注文していた
「艦これ」×「三越」コラボのカレー缶セットが届きました。
三越コラボの商品は老舗百貨店らしく高価で実用的な品が多くて
(そこが嬉しい人も居るかと思いますが)
ファンアイテムとして押さえておきたいものはあまりなかったんですが
カレーだけは別腹というか大好きなので思わず注文してしまった次第なのです。

 IMG_20171004_151936s-.jpg

こちらが届いたカレー缶セットです。
いやーすごい豪華なパッケージですね。さすがに三越は違います。
まるで高級ケーキみたいな包装だぁ……(貧困なボキャブラリー)。

3缶セットで3240円(送料別)とお値段もかなり高めのカレーですが
よく考えたら有象無象のご当地レトルトカレーの相場が600円前後、
前に食べた「18禁カレー」(超イロモノ)が1080円だったことを考えると
三越ブランドのカレーが1缶1080円というのはそう高くもない気がします。
うん安い! 安いぞこれ!(感覚麻痺)
磯山商事の「18禁カレー」を食べてみた。
http://tktkgetter.com/blog-entry-968.html
ちなみに賞味期限は2019年10月~2020年1月とまちまち。
3缶とも種類が異なるので賞味期限も違うところに気をつけたほうがいいですね。
まあまだ2年以上先の話になりますが。

そんなこんなでさすが三越、と言わんばかりの豪華さで
艦これ好きとしてもカレー好きとしても大満足のカレー缶セットですが
一つだけ残念だったのが付属の描き下ろしカードが
紙製で予想よりも心許なかったところ。
あくまでもオマケなので画竜点睛を欠く……とまでの話ではありませんが
他の部分がしっかりしているので変に悪目立ちしちゃっている感じですね。
ちょっともったいないです。

 IMG_20171004_152218s-.jpg

というわけで二重スリーブでしっかりと保管です。
ずいぶん縦長のカードだなあ、と思ったらまさかの名刺サイズでした。
自分はカードコレクターでもあるので
5~6種類のサイズのスリーブを持っていて使い分けているんですが
この手のキャラグッズ的なカードで名刺サイズなのはちょっと珍しいですね。
贈答品ギフト等を多く手がける百貨店ならではのサイズ感覚かもしれません。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ 三越 カレー

艦これの2017夏イベ(丙難易度)が終わったよー。

くぅ~疲れましたこれにて完結です!

 20170904-1.jpg

というわけでちまちまと進めていたブラウザゲーム
『艦隊これくしょん -艦これ-』の2017年夏イベント
「西方再打通! 欧州救援作戦」をようやくクリアしました。
自分が本格的に艦これを始めたのは2015年末と比較的遅く
とにかく艦娘コンプを第一目標にしているので難易度はもちろんです。
っていうか丙以外を選んだことがありません。

ちなみに最後のE7ラストはこんな感じの編成でした。

 20170904-2.jpg

 20170904-3.jpg

一航戦+装甲空母3人が全員Lv99になっており
無駄な経験値をあげたくなかったのでAquilaや雲龍型を投入、と
何だか舐めプレイっぽくなってしまいましたがとにかくクリアです。
よく考えたら支援も出してませんでした。
遠征できなくなるからアレ嫌いなんですよ。

さすがに2年近く続けているので
丙ならそれなりに余裕を持って攻略出来るようになった気がしますね。
今の戦力なら頑張れば途中までは甲、最後も乙で行けるかもしれませんが
そこまでやり込む気力がないので今後もイベントは丙でやる予定です。
このくらいの難易度が一番自分に合っています。

そんなこんなで新艦も全員ゲット、
更にこれまでのイベントで手に入れられなかったグラーフやローマも
来てくれたので大満足。自分の中では完全勝利です。
一番キツかったのがE1の狭霧さんでした。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦隊これくしょん 艦これ

PCゲーム「ことのはアムリラート」を購入したよー。

ここ最近は値段の安さや手軽さ、
販売サイトのポイント、クーポンなどの特典もあり
ダウンロード版のゲームを購入することが多かったんですが
久しぶりにパッケージ版のPCゲームを購入しました。

 IMG_20170829_231343s-.jpg

先日8/25に発売となった『ことのはアムリラート』です。
もちろん限定版+予約特典付きです。

いやーもう本当楽しみにしてたんですよこれ。
あらすじを読んだだけで自分の中で超どストライク。大好きなんですこういうの。
主人公の女の子が都市伝説的な異世界で女の子とひゃっほい!

そして本作『ことのはアムリラート』の大きな特徴が
作中で登場する異世界語が実在する人工言語、エスペラントであり
学習ソフト、教養ソフト的な要素を組み込んでいるところ。
異世界モノでは「言葉が通じない!」というのはあくまでも導入部で
ご都合主義的な設定で解決してしまうことが多いですが
そこを作品のメインに持ってきたのはある意味英断、といった感じですね。
エスペラントは確か学生時代に
比較文化学だか文化人類学だかの講義で出てきたような気がしますが
まあ全く覚えていないので知識ゼロでがんばります。

ちなみに「異世界で言葉が通じず右往左往するゲーム」と言われて
自分の中で最初に浮かんでくるのは『永遠のアセリア』です。
シリーズの続編はもう出ないんですかね……?

そんなこんなで話が逸れましたが
『ことのはアムリラート』はとにかく発売前から
すごい楽しみにしていたゲームなので
思いっきり楽しんでいきたいと思います。

通常版で4000円、限定版でも6000円と
パッケージソフトとしてはやや低価格帯なので
ボリュームがちょっと不安なところはありますが
そこのところはどうなのかなあ、と。

あ、それと箱の厚さにちょっと余裕があり
予約特典CDやポストカードがそのまま収納出来るのが地味に嬉しいですね。
やっぱり全部ひとまとめにして保管しておきたいので。

 

web拍手 by FC2

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

tag : ことのはアムリラート

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/12 (3)

2017/11 (4)

2017/10 (6)

2017/09 (8)

2017/08 (6)

2017/07 (11)

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ