四コマ漫画 の記事一覧

メイン 古い記事一覧へ≫

蒼樹うめ 「ひだまりスケッチ 9巻」 感想

二人の先輩の卒業とゆの&宮子の3年生への進級、という
大きな節目を迎えた『ひだまりスケッチ』の単行本9巻が発売。

ゆのの入学前、ひだまり荘への入居から始まった本作も
いよいよ卒業を意識せざるを得ないところまでやってきた今回の9巻。
というわけで修学旅行や実家に帰省しての進路の話し合い、そして大学見学など
「高校生生活最後の1年」「間近に迫っている進路選択」
を意識させる3年生らしいエピソードが中心となっている印象だなあ、と。

特に修学旅行編は「ひだまり荘を離れての泊まりがけの旅行」であり
クラスメイトの中山さん&真実ちゃんが出ずっぱりという新鮮さ。
ひだまり荘メンバー以外はセミレギュラー的な立ち位置のことが多いから
ここにきてクラスメイトの二人ががっつり前面に出てきたのは
嬉しい不意打ちといった感じ。ああはしたない。

そして大学見学では「ヒロと同じ大学に進学した」というネタを活かして
まさかの夏目が再登場。
何だかんだで彼女にはうめ先生の思い入れの強さを感じるね。
以前には彼女が主役の短編エピソードもあったし。

そんなこんなで進学を意識して変わりつつあるゆのの周りとは対照的に
「変わらない安心さ」があるのが1~2年生の3人。
特に乃莉ちゃんと8巻で登場した茉里のコンビは
2人とも物事をズケズケとはっきり言うタイプだけに
先輩後輩を越えた独特の距離感があるなあ、と。
これまでの『ひだまりスケッチ』には無かった組み合わせで楽しいね。

というわけで今回も安定した面白さの『ひだまりスケッチ』だけど
気になるのはゆのが亜麻美術大学を第一志望にしている理由が
今のところ「ヒロさんもいるし」という消極的な理由でしかないところ。
『ひだまりスケッチ』はゆのの成長物語としての側面も持っているし
次巻以降はオープンキャンパス等を通して
本当の志望理由や自分が何をやりたいのか、といった深い部分に
踏み込んでいくんじゃないかなあ、と。

  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 蒼樹うめ ひだまりスケッチ

OYSTER 「ど先端ナース 2巻」 感想

ナース好きの医者、育郎クンとどSナースのとがりさんを主人公とする
四コマ漫画『ど先端ナース』の最終巻となる第2巻が発売。

1巻よりさらにパワーアップした今回は
しょっぱなのオール炭水化物「力うどん定食」ネタに始まり
ツッコミ不在の超展開のナースキャップ話、
患者役としてこっそりと登場を果たした他作品『キネ子さん』の大八クンなど
OYSTER氏の独特の作風が次々と炸裂。

そして最終巻ということもあり
「幼少時に実は……」というまさかの王道ラブコメ的シチュエーションのほか、
どんどん登場する新キャラの女の子たちなど
まさに出し惜しみ無しの大盤振る舞いといった展開。
「自分が何者であるかを自分で見据えて胸を張って生きていくのは難しい」
というのはOYSTER作品に一貫してあるテーマなんじゃないかなあ、と思ったり。

しかし1巻からずっとコントを繰り広げてきたナース山&女神様が
しっかりと落ち着くところに落ち着いたの見ると何だかホッとするね。
エピローグの新聞記事での演出がニクいです。

ただやっぱり全2巻という短さもあってラスト周辺の流れはちょっと唐突で
たくさんのキャラが出てきたのにもったいなあ、というのが正直な印象。
コバセさんの正体も一発ネタ的に終わってしまったし
町医者・椿良庵も時代劇キャラである必要性が疑問だった感じだし。

ぶっちゃけ2巻から登場した死神のリパ子さんが
個人的にどストライク(OYSTER的表現)だったので
もっと彼女を見てみたかったというのが正直なところです。はい。
マジでどっかで再登場頼みますよ先生!

そんなわけで堂々の完結となった『ど先端ナース』。
早くも来月から次回作の連載が始まるみたいだけど
『シネマちっくキネ子さん』『ど先端ナース』と全2巻の作品が続いたので
そろそろ『男爵校長』シリーズのような腰を据えた長編も見てみたいなあ、と。

ど先端ナース(02) [ O¨YSTER ]
価格:756円(税込、送料無料)


 

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ど先端ナース OYSTER

クール教信者 「小森さんは断れない! 4巻」 感想

アニメも始まりストーリー的にも大きな転換点となった
四コマ漫画『小森さんは断れない!』の単行本4巻が発売。

小森さんたちの受験から卒業、
高校への進学という変化を紡いでいった今回の第4巻。
興味深いのは推薦入試から一般入試に至る経緯という
四コマ漫画では深く描かれることがあまりない部分に
大きなウエイトが置かれていたこと。
特に「自分を省みず頼られながら頑張る」と決意するまでの流れは
1巻から少しずつ触れられてきた「断れない≒断らない」ことの意味に
一つの回答を示した感じだなあ、と。

そして大谷くんを交えて
小森さんが意外な積極性を見せるイベントを挟みつつ
次回からはいよいよ高校生編がスタート。
うーん楽しみ楽しみ。

また気になるのが
現時点では「そっとしておくしかない」ままで未解決なままの
山中くんにどういう決着をつけてくれるのか、というところ。
もともと接点の少ないキャラだったことに加えて
進学したことで今以上に疎遠になってしまうことは間違いないだろうしなあ。

小森さんは断れない!(4)

小森さんは断れない!(4)
著者:クール教信者
価格:668円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


  

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 小森さんは断れない!

OYSTER 「シネマちっくキネ子さん 2巻」 感想

映画監督を目指すキネ子さんとその助手、大八クンを主人公とする四コマ漫画
『シネマちっくキネ子さん』の最終巻となる単行本第2巻が発売。

というわけで早くも終了してしまった本作、後書きにもあるように
「キネ子さんかわいい」「ピア子さんかわいい」を前面に押し出していたために
ストーリー的にはラストに向けての盛り上がりや余韻などは少なく
唐突に終了してしまった印象。

とは言え2巻の中盤からテコ入れ的に登場した『男爵校長』シリーズの
ゾンビ☆マンにはファンとして思わずニヤリとしてしまうところ。
「オーストラリアで野球の試合に乱入」という細かいネタを拾っていたり
『男爵校長High!』の終盤にあった学芸会の話が
「芝居には鋭い」ことに繋がっていたりとゲストキャラながら大活躍。
更にはピア子さんと菊次郎を交えた三角関係(?)まで発覚し
まさかのリア充的展開に。

こんなことしたらよみがえるだろ!
あーお詫びしてほしいわー。
大変よみがえる表現があったことをお詫びしてほしいわー。

というわけでゾンビ☆マンとピア子さんが
美味しいところを全て持っていってしまった感じの『シネマちっくキネ子さん』。
いろいろもったいない部分もあったけど
全2巻しっかりと楽しめたしこれはこれでいいんじゃないかなあ、と。

ところで最終話に登場した婦警さんは
無事に警察官になった弦音さんだったりするのかな。
時系列的には『男爵校長シリーズ』の後になるんだろうし。

あ、あと忘れちゃいけないのがカバー下のスーパーオイスター大戦。
懐かしの作品から現在連載中の作品までのオールキャストがたまらんね。
アベンジャイ!

   

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 シネマちっくキネ子さん

永深ゆう 「だいたいこんなンで? 2巻」 感想

校内の何でも屋的な部活動「だいたい部」を舞台とする四コマ漫画
『だいたいこんなンで?』の最終巻となる第2巻が発売。

というわけで早くも完結となってしまった本作だけど
「最終回らしさが全くないなあ」というのが一番の印象。
裏表紙にこっそりと書かれている「これにて完結!」の文を除けば
帯のアオリや巻末の後書きを含めてラストであることには全く触れていないし
四コマのラストでは良くある描き下ろし最終話や「お疲れ様会」なども一切無し。
ここまでくると逆に潔いというか
タイトル通りの「だいたいこんなんでいいんじゃね」的な
開き直りも感じるなあ、と。

いやね、「だいたいこんなんでいいや」という本作の雰囲気は
ウリであると同時に本作が長く続かなかった一番の原因だと思うんですよ。
「中身がない」と揶揄されることの多い萌え四コマだけど
やっぱりそれでもある程度の一本筋やキャラの掘り下げが必要なわけで。
そこらへんを「だいたいこんなんで」を免罪符に誤魔化し続けたから
全体がぼやけちゃった部分もあるんじゃないかなあ、と。

二年生コンビのマゾキャラ、食いしん坊キャラという性格も
オチにしか使われず上手く活かし切れないまま終わってしまった感じだし
「幼馴染みでタメ口だけど誕生日のせいで先輩後輩」というキャラ設定が
ほとんど作中では意味がなかったのも勿体無いところ。
なかなか他では見ない面白い関係だったのになあ。

主人公、穂紀の苦労人っぷりは大好きだったし
2巻では「変身」をテーマとしたこかげの悩み相談、
穂紀の過去話などの興味深いエピソードも増えていったから
ラストではそのあたりにきっちり言及して
一本の作品としてしっかりと締めてほしかったところ。うーん。

まあ何はともあれありがとう! そしてさようなら!
やっぱりもうちょっと続いてほしかったよ!

あ、あと今回は表紙がしっかりと穂紀だったので大満足です。はい。

 

web拍手 by FC2

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 漫画感想 だいたいこんなンで?

プロフィール

Author:下駄
RPGツクールとかやってます。

・ツクールVXAce作品『妖鬼少女』
・ツクールMV作品『微睡少女』
の二作品を制作中です。

個人サイト
http://tktkgetter.web.fc2.com/

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

2017/06 (3)

2017/05 (5)

2017/04 (7)

2017/03 (11)

2017/02 (8)

2017/01 (11)

2016/12 (12)

2016/11 (14)

2016/10 (13)

2016/09 (10)

2016/08 (9)

2016/07 (11)

2016/06 (11)

2016/05 (11)

2016/04 (16)

2016/03 (11)

2016/02 (10)

2016/01 (15)

2015/12 (13)

2015/11 (13)

2015/10 (22)

2015/09 (13)

2015/08 (21)

2015/07 (8)

2015/06 (9)

2015/05 (22)

2015/04 (14)

2015/03 (17)

2015/02 (14)

2015/01 (18)

2014/12 (12)

2014/11 (14)

2014/10 (17)

2014/09 (18)

2014/08 (12)

2014/07 (15)

2014/06 (18)

2014/05 (16)

2014/04 (15)

2014/03 (17)

2014/02 (11)

2014/01 (10)

2013/12 (13)

2013/11 (5)

2013/10 (8)

2013/09 (6)

2013/08 (8)

2013/07 (5)

2013/06 (16)

2013/05 (11)

2013/04 (10)

2013/03 (10)

2013/02 (14)

2013/01 (42)

2012/12 (13)

2012/11 (11)

2012/10 (13)

2012/09 (21)

2012/08 (20)

2012/07 (6)

2012/06 (8)

2012/05 (14)

2012/04 (9)

2012/03 (9)

2012/02 (18)

2012/01 (13)

2011/12 (16)

2011/11 (15)

2011/10 (14)

2011/09 (12)

2011/08 (19)

2011/07 (11)

2011/06 (16)

2011/05 (18)

2011/04 (10)

2011/03 (7)

2011/02 (15)

2011/01 (14)

2010/12 (13)

2010/11 (13)

2010/10 (12)

2010/09 (17)

2010/08 (20)

2010/07 (26)

2010/06 (31)

2010/05 (31)

2010/04 (36)

2000/12 (1)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Sponsored Link
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ